TOP>ニュース > 江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

  • ニュース

江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

江戸時代、犬将軍の異名を持つ徳永綱吉が「生類憐れみの令」を公布したことにより、犬だけでなく、猫も急速に増えていきました。浮世絵にも美人のそばには猫が描かれることが多く、非常に高値で取引されたといいます。いったい猫は、いくらだったのでしょうか。

■江戸の猫ブーム

浮世絵の美人画に猫がしばしば登場することからも分かるように、猫は裕福町人や高級遊女が自分のそばにおいて可愛がっていたことが伺えます。武士も猫を飼っていて、美しい猫を飼っていることを自慢することもあったそうです。そうした猫に非常に高値がついたという記録が平戸藩主の松浦静山が書いた「甲子夜話(こうしやわ)」に記されているのですが、なんとその価格は5両、いまでいうと100万円もしたというので驚きです。この話が嘘か真かは別として、当時、猫が非常に珍重されていたことが分かります。

一方、庶民の間ではどうだったのかというと、狭い部屋の中で猫を飼うこともできず、長屋で野良猫を育てて、可愛がっていたそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

『サマージャンボ』当せん番号決定ッ!!【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.19)

  • ニュース

癒やしてるのに癒やされてるの【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.18)

  • ニュース

【猫と心理テスト】恋のライバルが現れた時のアドバイス (8.17)

  • ニュース

下僕検定を受けてみた【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.17)

  • ニュース

なかなか目を合わせない?ツンデレ猫さんのいる『珈琲 虎ノ穴』 (8.16)

  • ニュース

絶対にこの手を離さないでッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.16)

  • ニュース

チャット君のいる街【看板猫に会いにいく】 (8.15)

  • ニュース

3匹の個性の違う猫が出迎えてくれる喫茶店「猫ノ巣」【看板猫探訪】 (8.15)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る