TOP>ニュース > 江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

  • ニュース

江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

江戸の猫ブーム!当時、猫は100万で売られていた…?

江戸時代、犬将軍の異名を持つ徳永綱吉が「生類憐れみの令」を公布したことにより、犬だけでなく、猫も急速に増えていきました。浮世絵にも美人のそばには猫が描かれることが多く、非常に高値で取引されたといいます。いったい猫は、いくらだったのでしょうか。

■江戸の猫ブーム

浮世絵の美人画に猫がしばしば登場することからも分かるように、猫は裕福町人や高級遊女が自分のそばにおいて可愛がっていたことが伺えます。武士も猫を飼っていて、美しい猫を飼っていることを自慢することもあったそうです。そうした猫に非常に高値がついたという記録が平戸藩主の松浦静山が書いた「甲子夜話(こうしやわ)」に記されているのですが、なんとその価格は5両、いまでいうと100万円もしたというので驚きです。この話が嘘か真かは別として、当時、猫が非常に珍重されていたことが分かります。

一方、庶民の間ではどうだったのかというと、狭い部屋の中で猫を飼うこともできず、長屋で野良猫を育てて、可愛がっていたそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「遊べ」「おやつくれ」…猫のわがまま、どこまで受け入れるべき? (10.17)

  • ニュース

猫は年を取ると「猫又」になっちゃう…? (10.17)

  • ニュース

この秋オススメのドラマは?【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.17)

  • ニュース

ネットが普及していない地域で迷子のペットを探すには…? (10.16)

  • ニュース

ペット用「プレミアムフード」って何がプレミアムなの? (10.16)

  • ニュース

恋愛におけるあなたの征服欲…!【猫と心理テスト】 (10.16)

  • ニュース

猫のびストレッチでダイエットなのッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.16)

  • ニュース

可愛い悪魔【仔猫を拾ったので】 (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る