TOP>ニュース > 猫はどうして「ネコ」と呼ばれるようになったのか?

  • ニュース

猫はどうして「ネコ」と呼ばれるようになったのか?

猫はどうして「ネコ」と呼ばれるようになったのか?【ねこのはてな】

いまでこそ猫は「ネコ」と呼ばれていますが、平安時代中頃までは「ねこま」と呼ばれていました。それはなぜなのでしょうか。猫がネコと呼ばれるようになった歴史についてお話します。

猫は、中国では、その昔「狸(リ)」と呼ばれていました。主に、イエネコやヤマネコ、その他、野原や山に生息する猫に似た動物は、皆、「狸」と呼ばれていたそうです。一方、野生化していない猫で、人間の身近にいる野良猫は、「猫(ビョウ、もしくはミョウ)」と呼ばれ、日本でも平安時代までは「狸」が猫のことを表していたという。

日本でも「猫」と書いて、ビョウ、もしくはミョウと呼んでいたこともありますが、「寝駒(ねこま)」と呼ばれることもあったようです。猫が一日中寝てばかりいるので、「寝駒」と名付けられたのですが、とてもユニークな発想ですね。もっとも、猫は夜行性なので、人間が起きている昼間は眠っているのが自然な姿なのですが。しかし、この「寝駒」の「駒」という字は、もとはといえば子馬のことであり、猫が人によくなつくため、子馬のように可愛らしいという意味も含んでいます。

その後、平安時代後期になって、藤原氏が世を治めるようになると「ねこま」から「ま」の字を取って、貴族たちが「ネコ」と呼ぶようになりました。それが、「猫」の始まりであったと考えられています。さらに時を経て、江戸時代には、「猫」という言葉が定着し、貝原益軒も「ねはねずみ、こはこのむ、すなわち、ねずみを好む獣が猫である」と猫のことを説明しました。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

なにそれ?【仔猫を拾ったので】 (10.18)

  • ニュース

日本にもアニマルポリスを設置しましょうよッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.18)

  • ニュース

「遊べ」「おやつくれ」…猫のわがまま、どこまで受け入れるべき? (10.17)

  • ニュース

猫は年を取ると「猫又」になっちゃう…? (10.17)

  • ニュース

この秋オススメのドラマは?【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.17)

  • ニュース

ネットが普及していない地域で迷子のペットを探すには…? (10.16)

  • ニュース

ペット用「プレミアムフード」って何がプレミアムなの? (10.16)

  • ニュース

恋愛におけるあなたの征服欲…!【猫と心理テスト】 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る