TOP>ニュース > 日々発生する「猫の殺処分」の現実を知っていますか。

  • ニュース

日々発生する「猫の殺処分」の現実を知っていますか。

日々発生する猫の殺処分の現実

このところ“ネコノミクス”というワードも定着したように、飼い猫需要が高まっています。一般社団法人ペットフード協会の発表によりますと、犬の飼育頭数は8,920,000頭。これに対し猫は9,502,600頭。

現在では犬をペットに迎えている家庭より、猫と暮らしている世帯の方が多くなっているということです。

ただ、猫の飼育については、犬と比べると注意しなければならないポイントも少なくありません。避妊をさせずにいた飼い猫が外で子猫を作ってしまったり、多頭飼育崩壊によって飼い主が飼育を放棄したり。

そうして引き取り手もないまま保健所に持ち込まれ、最後を迎えようとしている猫は、今この瞬間にもたくさんいます。猫を取り巻く殺処分環境は、あまり進展が見られないのが実情です。

■殺処分数は減少傾向も、未だにその数は莫大…

では実際に、この国では年間どの程度の数の猫が殺処分されているのでしょうか。環境省が公開した、平成28年度の統計資料によりますと、その数45,574頭。

かなり多くの猫が殺処分という悲しい末路を辿ったことが分かりますが、しかしこれでもここ数年、着実に殺処分される猫の数は減少していることは知っておくべきかもしれません。

というのも、同じく環境省のまとめた資料を見ると、平成16年度の殺処分数は238,929頭となっており、それから徐々に右肩下がりにその数は少なくなっているのです。

もう一点、私たちが知っておきたいのが、28年度に殺処分されてしまった45,574頭の猫のうち、その大半が子猫だったという事実です。その数、29,654頭。猫は年間に何度も繁殖期を迎え、一度に多くの子供を産みます。

これによって野良猫、もしくは避妊手術をされていない飼い猫の子供が定期的・爆発的に増えてしまい、その結果保健所に移された挙句、処分されてしまうわけです。非常に重い、この29,654頭という数字ですが、一方でその数を減らすための対処プランは非常にシンプルです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ギネス認定された世界の天才キャットたち (5.25)

  • ニュース

微睡亭へようこそ。杉本彩主演の2人芝居「いなくなった猫の話」 (5.25)

  • ニュース

余命3日の愛猫と。『猫のとらじの長い一日』の一話を公開。 (5.25)

  • ニュース

【猫と心理テスト】あなたがのめり込むタイプの恋人 (5.25)

  • ニュース

それを言うなら【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.25)

  • ニュース

ペットはいたずらの達人!思わぬトラブルを防ぐために飼い主がすべき努力とは…? (5.24)

  • ニュース

「小さな命を命として扱わない国で何ができるのか」 動物愛護法改正の集会で語られた著名人たち... (5.24)

  • ニュース

ケンカをやめて【ねこの写真で4コマ漫画】 (5.24)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る