TOP>ニュース > 猫の転落事故。一番多いのはどこ…?

  • ニュース

猫の転落事故。一番多いのはどこ…?

猫の転落事故。一番多いのはどこ…?【ねこのはてな】

ひょいと塀の上に飛び乗ったり、素早くダッシュしたりすることができ、身軽で俊敏な猫。でも、思いがけないところで怪我をするので、注意が必要です。

■柔軟性に富んだ猫のボディ

キリリとした瞳で獲物を見つめる猫は、なんと時速50kmでダッシュすることができ、狙った獲物は確実に捕まえます。長時間、その時速を維持することはできず、あくまでも短距離走者なのですが、なぜ猫は、それほど速く移動できるのでしょう。実は、猫の鎖骨は人や犬に比べて非常に小さく退化していて、肩に強力な筋肉や靭帯があるので、驚異のダッシュができるのです。また、骨に邪魔されないので柔軟性にも大変優れていて、前屈したり、肛門をなめてきれいにしたりすることもできるのです。

■高いところは得意なの?

猫は、タンスの上や塀の上など、高いところにいとも簡単に飛び乗ります。そして、平衡感覚に優れているので、細い平均台のようなところもしなやかに歩くことができます。しかし、猫がマンションのベランダから落ちて怪我をするなど、高いところから落ちる事故が起きているのです。高いところに飛び乗ることはできても、バランスを崩してしまうと、建造物から落ちることがあり、地上までの距離が短いので、叩きつけられてしまうのです。もっとも事故が多いのが3~7階建ての建物。地上までの距離があるため落下速度がつき、また、体制を整えることが難しいので、大怪我をしてしまいます。1~2階建ての場合は、ひらりと身を翻して体制を整え着地できます。

窓を開け放すことが多くなる、春から秋、猫の事故による怪我が増えるそうです。気をつけてあげたいですね。

参考文献:猫のなるほど不思議学 岩崎るりは著、小山秀一監修 講談社

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

やんちゃデビュー【仔猫を拾ったので】 (10.21)

  • ニュース

お・や・つ【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.21)

  • ニュース

保護猫カフェの助けになる「支援物」とは…? (10.20)

  • ニュース

大きな犬と猫が出迎えてくれる!テーマパークのようなアニマルシェルター (10.20)

  • ニュース

JKと猫ちゃん【ねこの写真で4コマ漫画】 (10.20)

  • ニュース

子猫は「自分専用の乳首」を持っている? (10.19)

  • ニュース

災害時に犬猫を保護したとき、具体的にどうすればいい…? (10.19)

  • ニュース

撮影が難しい「黒猫」を可愛く撮るには? (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る