TOP>ニュース > 「雑巾猫」なんて呼ばにゃいで!サビ猫が抱えている悲しい現状

  • ニュース

「雑巾猫」なんて呼ばにゃいで!サビ猫が抱えている悲しい現状

「雑巾猫」なんて呼ばにゃいで!サビ猫が抱えている悲しい現状

そもそもサビ猫とは、赤色と黒色の被毛を持ち合せている猫のことで、グレーや薄茶の被毛を持つ子は、薄サビと呼ばれることもあります。

サビ猫はまったく同じ柄の子がいないといわれており、オンリーワンな被毛を楽しむこともできます。

しかし、数ある猫柄の中でもサビは人気がなく「雑巾猫」という不名誉な呼び方をされることもあるのです。

また、里親募集でも貰い手が決まりにくいということも、サビ猫が抱えている悲しい現実だといえます。

サビ柄はマンチカンなどの純血種でも産まれることがありますが、価格が低めに設定されることも多いものです。

特に、アメリカンショートヘアのように柄の美しさが猫種としてのチャームポイントになる場合は柄が綺麗に現れないため、飼い主がなかなか見つからないこともあります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

山形県は猫の国…?日本一の看板猫に会いに行ってみた。 (9.22)

  • ニュース

あずだいにパパンの健康診断をしてもらったのよッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (9.22)

  • ニュース

猫にブラッシングするメリットとは? (9.21)

  • ニュース

恋に失敗した時のあなたは…?【猫と心理テスト】 (9.21)

  • ニュース

ペット用トイレ「デオトイレ 快適ワイド」を3ヶ月試してみた。 (9.21)

  • ニュース

駄菓子『コリス フエラムネはピィピィピィ~なのッ』【ねこの写真で4コマ漫画】 (9.21)

  • ニュース

我ら猫族が十二支のメンバーに選ばれなかった理由 (9.20)

  • ニュース

破壊行為、爪研ぎ…いたずら猫に、カッと怒っては絶対ダメ。 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る