TOP>ニュース > 動物病院を訪れる3分の1の猫が治療している病…早期発見するためのポイントは?

  • ニュース

動物病院を訪れる3分の1の猫が治療している病…早期発見するためのポイントは?

動物病院に訪れる3分の1の猫が治療している病…早期発見するためのポイントは?

ペット保険大手のアニコムホールディングスの動物白書によると、動物病院に来る猫の3分の1は、慢性腎臓病の治療に来ているという結果が出ています。猫のウィークポイントともいえるこの病気。早めに見つけて治してあげるには、どうしたらいいのでしょうか。はる動物病院の藤原武弘獣医師に教えてもらいました。

■早期発見・早期治療するために

実は、猫の病気で最も多いのは、慢性腎臓病といわれています。ところが、かなり悪くなるまで猫の体調の変化に気づきにくいので、あっと思った時には病気が進行していることも…。

代表的な症状は、

・普段より水をたくさん飲むようになった

・尿量が増えた(おしっこシーツを交換する回数が増える)

・吐くことがよくある

・脱水状態になるため、食欲が落ちて、体重が減少する

・口臭がする

・・・など。こんな症状があったら、すぐに動物病院に行きましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫探しの命綱はチラシって本当…? (6.22)

  • ニュース

ねるとん 其の一【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.22)

  • ニュース

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット (6.21)

  • ニュース

殺処分寸前で救われた犬猫の写真コンテストが開催 (6.21)

  • ニュース

猫を探すスペシャリスト「猫探偵」を知ってる? (6.21)

  • ニュース

パンプキンが猫の消化に良いって本当? (6.21)

  • ニュース

【猫と心理テスト】あなたの騙されやすさ度 (6.21)

  • ニュース

ひまだったので【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.21)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る