TOP>ニュース > 【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第七回 介護ネコ第一号家郎 浣腸通院からの脱却!

  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第七回 介護ネコ第一号家郎 浣腸通院からの脱却!

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(18才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の記録である。

第七回 介護ネコ第一号家郎 浣腸通院からの脱却!

三日に一度の浣腸通院を、苦もなくこなしている我が家の天使ネコ・家郎。

でもやっぱり3日に1度、キャリーに入れて徒歩十分の距離を移動するのは、家郎本人にとっては体力的にも負担があるのではないか?ちょっと心配になってきた。

なにしろ前回も書いたけど、家郎はなにをされても本当に嫌がらないコなのだ。でもそれは正確にいうと、ボケからくる、感受性というか、精神的抑揚というか、自主性とか、そういうのが衰えちゃっているだけなのかもしれない。

えーこの写真を見ていただけるとわかると思うんだけど、冬になって寒そうだから、

「家郎! オレの毛糸の帽子でもかぶってみるか?」

なんつって試しにかぶせてみたら、なんの抵抗もせず、ただかぶせられた状態でジッとしている。

他のネコだったら、

「なにするニャァァァァ!!」

とか騒いで、すぐに帽子をフッ飛ばすとこですよ。

でもジーッと帽子かぶって静かにたたずんでいる……なんだかお爺ちゃんのように、って本当にお爺ちゃんネコなんだけどさ。

今思い返せば、季節的なこともあったと思う。

最初に通院しだした頃は秋かなんかの気候も過ごしやすい頃だったけど、段々と冬がやってきて寒くなってきた。

家郎を病院まで連れて行くキャリーバックはプラスチック製なんだけど、通気をよくするように一杯空気穴が開いている。病院までの移動は徒歩といいますか、自転車のハンドルの前のカゴの上にそのキャリーバックを載せて、自転車を手で押して移動するという方法だったんだけど、風さらし状態なんですよ、そのキャリーバッグ自体が。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第八回 介護ネコ第一号家郎 初自宅浣腸!! (2.18)

  • ニュース

もう一度あの子に逢いたい 〜虹の橋を渡った愛猫への手紙〜 (2.18)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】クイズですッ!! (2.18)

  • ニュース

猫と最速で仲良くなるためのヒント (2.17)

  • ニュース

猫と新生活を送る上で必要なことって…? (2.17)

  • ニュース

【看板猫探訪】御年21歳!ご長寿看板猫はクリーニング店のイケてるお爺ちゃん (2.16)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】恋愛のカリスマ 杉本だいず先生の恋愛講座 (2.16)

  • ニュース

締め切り迫る…‼︎ 『第2回ねこ検定』 (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る