TOP>ニュース > 【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第六回 介護ネコ第一号家郎 便秘通院開始!

  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第六回 介護ネコ第一号家郎 便秘通院開始!

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(18才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の記録である。

第六回 介護ネコ第一号家郎 便秘通院開始!

「高齢なんで消化器系の力が弱くなってますねェ」

獣医の先生によれば、腸が動いて便はどんどん肛門の方に移動していくわけなんだけど、その移動させる力がどうしても落ちてきている。

だからどうしても排便は時々になっちゃう、そもそもこのコは便秘症なんで、ますます出にくくなっている。

とまぁ、家郎はそういうことらしい。

で〜どうすればいいんでしょうかね? 便秘対策といたしましては。

「三日に一度くらい通院いただいて、浣腸して出してあげるのがいいですね」

ま、そりゃあそういうことになるでしょうねェ。

ということで、それから3日に一度、家郎の病院通いがはじまった。

浣腸のための病院通いである。もちろんオムツ姿での通院である。

前回も書いたように、家郎は病院に行くことをまったく厭わない鷹揚とした性格なんで、連れて行くこと自体はそれほど大変なことではなかった。

浣腸を行う治療といいますか、処置といいますか、もうある種のマニアのみなさんにいわせれば、こりゃもう“プレイ”みたいなもんなんですが、そのプレイ自体は獣医さんがおこなっていて、現場は見ていない。

ただ病院で浣腸をしてもらった後には、オシリ周辺を含めてシャンプーしていただいてるようで、浣腸に通うごとに、どんどん家郎がキレイになってきて、さらになんかだかイイ香りがしてくるようになった。


↑前回と同じ写真でございますが、オムツをしてたた無我の境地で佇む家郎。

便秘対策としては゛浣腸以外にもうひとつ。食べ物関係で便秘にいいモノはないか? と先生と相談した結果、普通のネコだと下痢しちゃう牛乳を暖めて飲ませてみてはどうだろうか? ということになった。

皿にいれた牛乳を電子レンジで暖め、家郎の前に置く。

平安貴族のようなガツガツしないムードでユックリとスローモーで飲みはじめようとする家郎…刹那!! 他のネコが牛乳を発見!

貴族のような家郎とは対極の野武士のようなガツガツした態度で家郎を押し退け牛乳を飲みだそうとした!

コイツらは呑んだら絶対に下痢をする! その時は皿を取り上げ、家郎だけにどうにかして牛乳を飲ませる方法はないか? と思案した。

結果!! 哺乳瓶で飲ませることにした。ちゃんとペット用の哺乳瓶をペットショップで買ってきた。

この役目に関してはオレはほとんどタッチせず女房がやってたんだけど、膝に抱き、暖めた牛乳をいれた哺乳瓶の飲み口を家郎の口元に持っていく。

するとチュパチュパとおいしそうに、まるで人間の赤ちゃんのように飲みだす。それからは日に一度、家郎の牛乳タイムが始まった。


↑貴族のように鷹揚にノビをする家郎(左)と、ギラギラした目で「メシはないか?」と睥睨する 
野武士ネコ! ちなみに茶ネコはタックン、黒ネコは平助。タックンは下痢症なんで絶対に牛乳は飲
ませられない! ちなみに日付みたら1999年! 20年も前の話か〜!!

それにしても、シャンプーで小ギレイになり、いい香りを漂わせ、なおかつオムツ姿で哺乳瓶から牛乳をチュパチュパと赤ちゃんのように飲む白ネコ……家郎はますます天使化していった!

ウチの夫婦には子供がいないんで、ネコはみんな子供みたいなものだったのだが、まぁ正直いってデキの悪い子ですよ。

デキの悪い子ほどカワイイもんだけど、そういうデキが悪いからかそカワイイという今つまで子のパターンと違って、家郎は我が家初めての素直でいい子として独自の存在感を示していった。

女房にとっては本当に赤ん坊みたいな感じだったらしく……実際は本当にジジイもいいとこなんだけど、「この哺乳瓶からチュパチュパと牛乳飲んでいる、あまりにもかわいらしい姿を人に見せつけたい!

自由が丘に行くと、なんか高級そうな犬を連れて『どうウチのワンちゃん? メリーちゃんっていうのよ!』的に自慢気に見せてる金持ちっぽい嫌味なマダムがいるけど、ああいうのに対抗したい!自由が丘の遊歩道に連れて行って、家郎に牛乳を飲ませたい!」

といいだしていたが、その気持ちはよくわかった!

「あんな犬よりも、絶対にウチの家郎の方がカワイイ!!」

そりゃウチのコだからな〜。

牛乳を飲ませて家郎は下痢をするようなことはまったくなく、浣腸した時に出る便も、カチンコチンから少しだけど柔らかくなってきている、と先生もいってくれた。

そんな感じで天使・家郎の3日に1度の浣腸通院は平和に続いていったんだけど、さすがに3日に一度、老体のネコをキャリーバックに入れて通院させるっていうのは、家郎本人の体に負担がかかるんじゃないか? という気がしだしてきた。

おまけに病院代もバカにならないし…。

つづく

文/カーツさとう

カーツさとう
コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第八回 介護ネコ第一号家郎 初自宅浣腸!! (2.18)

  • ニュース

もう一度あの子に逢いたい 〜虹の橋を渡った愛猫への手紙〜 (2.18)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】クイズですッ!! (2.18)

  • ニュース

猫と最速で仲良くなるためのヒント (2.17)

  • ニュース

猫と新生活を送る上で必要なことって…? (2.17)

  • ニュース

【看板猫探訪】御年21歳!ご長寿看板猫はクリーニング店のイケてるお爺ちゃん (2.16)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】恋愛のカリスマ 杉本だいず先生の恋愛講座 (2.16)

  • ニュース

締め切り迫る…‼︎ 『第2回ねこ検定』 (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る