TOP>ニュース > 全応募作品を館内に展示!大佛次郎記念館で「ねこ」をテーマにした写真を募集中♪

  • ニュース

全応募作品を館内に展示!大佛次郎記念館で「ねこ」をテーマにした写真を募集中♪

大佛次郎記念館(横浜市中区山手町113)では2018年2月20日(火)~4月8日(日)に「大佛次郎×ねこ写真展2018」を開催する。現在「ねこ」をテーマにした写真の応募受付中。


昨年の一番人気作品 撮影:岩窪俊一(大佛次郎×ねこ写真展2017)

作家・大佛次郎は、今から120 年前の1897 年(明治30)に生まれ、「鞍馬天狗」や「天皇の世紀」などの代表作とともに、大の愛猫家として有名である。「私の家に住んだ猫の数は五百匹に余る」と豪語するほど。常に10匹以上の猫を飼い、人形や玩具の猫まで収集していた。

横浜市中区の観光名所・港の見える丘公園にある大佛次郎記念館では、愛猫家であった大佛次郎が所蔵していた猫グッズが多数展示されている。

<現在開催中>「大佛次郎と501匹の猫」http://osaragi.yafjp.org/info/3340/


昨年の写真展の様子

同館では、2017年2月~3月に「大佛次郎×ねこ写真展2017」を初めて開催。665点もの写真応募があり、人気投票も盛り上がった。

そして好評につき、「大佛次郎×ねこ写真展2018」の開催が決定!現在、この写真展で展示する「ねこ」をテーマにした写真の応募受付中。

この写真展では、全応募作品を館内に展示。そして来場者による人気投票を実施。上位になった作品には、嬉しい特典がある。

応募の概要

応募締切 2017年12月24日(日) 必着
応募資格 職業写真家ではないこと(日本国内に在住のアマチュアの方に限ります)
未成年者がご応募の際は、保護者の同意の上、ご応募ください
応募方法 応募用紙を1枚 同封のうえ、郵送にてお送りください(持参も可)
応募用紙はホームページからもダウンロードできます
写真規格 カラープリントまたはモノクロプリント(2Lサイズ)
応募点数 おひとり様、3点まで

* ご応募いただいた写真はすべて展示の対象としますが、諸条件を満たさない場合はこの限りではありません。

「大佛次郎×ねこ写真展2018」開催概要


大佛次郎記念館

会 期 2018年2月20日(火)~4月8日(日)
時 間 10:00-17:00 (最終入館16:30)
4月以降10:00-17:30 (最終入館17:00)
会 場 大佛次郎記念館
休館日 毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)
2018年3月12日(月)~3月14日(水)

入館料 高校生以上200円 (150円) 中学生以下無料
* (  )内は20名以上の団体料金
* 毎月23日(市民の読書の日)と第2第4土曜日は高校生無料
* 横浜市内在住の65歳以上の方は無料(濱ともカード等をご提示ください)
* 障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料(手帳をご提示ください)

問合せ 大佛次郎記念館 TEL:045-622-5002

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (10.22)

  • ニュース

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス (10.21)

  • ニュース

ペットの好きな仕草ランキング、1位は「寝ている姿」 (10.20)

  • ニュース

世界に一つだけ…?飼い猫の顔をポーチにプリント♪ (10.20)

  • ニュース

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ (10.20)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • ニュース

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る