TOP>ニュース > 願いが叶う…?無数の招き猫が奉納される「豪徳寺」に行ってみた

  • ニュース

願いが叶う…?無数の招き猫が奉納される「豪徳寺」に行ってみた

ph1

「ここでしか見られないスゴい光景がある…」そう聞いて、世田谷区の豪徳寺を訪れました。小田急線の駅名にもなっている豪徳寺ですが、実は最寄り駅は東急世田谷線の宮の坂駅で徒歩5分。しかし、せっかくなので駅名にもなっている小田急線の豪徳寺から、あえて歩いてみました。

焼き芋の専門店や銭湯など、興味を引く不思議なお店が集う「豪徳寺商店街」を抜け、住宅街をちょっと歩き、徒歩10分くらいで到着。

ph2

これがそのスゴい光景です。こんな数の招き猫は初めて目にしました。実は豪徳寺は招き猫由来の地という説があります。昔々、ある猫をこの寺で自分の子どものようにかわいがっていた和尚がいました。その猫が、和尚に恩返しをするかのように福を招いたことから、和尚は猫の死後手厚く葬り、猫の姿形を作って「招福猫児(まねきねこ)」として崇め祀りました。そして現在、招き猫は金運、厄除け、商売繁盛、など運を招くものの象徴として人気です。

ph3-17-31-56-689

上から見てもこの迫力!招き猫の大群は「招猫殿」の隣で見ることができます。願いが成就したお礼として奉納されているのだとか。これだけ多くの誰かの願いが叶っているということなんですね!

ph4

サイズも様々なのが一目瞭然!

ph5

豪徳寺は広いので、「招き猫が見たいっ」と思って山門をくぐっても、なかなかすぐには見付けられません。まずはこの招き猫の看板が立っている建物を目指してください。そして、その建物を背にすると、目の前に赤い門のある建物があります。それが「招猫殿」です。赤い門をくぐり、左奥に進むと招き猫がたくさん見えます。

ph6-17-31-56-689

ちなみに、招き猫の看板が立っている建物は「受付」で、招き猫を購入することができます。あれだけ多くの招き猫を見てしまうと、やはり欲しくなってしまうものです…。

ph7

筆者は「豆」と「2号」サイズの招き猫を連れて帰ってきました。それぞれ300円と500円でした。福が訪れることを期待しています!

季節柄、紅葉も楽しめ、神社仏閣ならではの澄み切った空気もとても気持ちが良かったです。あれだけの数の招き猫は豪徳寺だけでしか見られない特別なものだと思います。一人でぶらりと訪れるのにもオススメなスポットです。

取材・文/賀来 比呂美

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • ニュース

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト (10.19)

  • ニュース

気づけば周りは猫だらけ!?猫に好かれるための猫カフェ攻略法2 (10.18)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

コレであなたの膝は猫まみれ!?猫に好かれるための猫カフェ攻略法 (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

アナタもワタシもみんなネコ。「化け猫フェスティバル」突入レポート (10.16)

  • ニュース

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る