TOP>ニュース > 予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

  • ニュース

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

まるで生きてるみたい!猫ちゃんの好奇心をくすぐる電動ねこじゃらし


▲猫ちゃんが何かに夢中……

猫ちゃんがこちらにも気が付かず、一心不乱に何かで遊んでいます……。この猫ちゃんが夢中になっているもの、それは、こちら!

じゃーん! ねこじゃらしです。……え? 普通のねこじゃらしじゃないかって?いいえ。なんと、このねこじゃらし、こんなシンプルな形なのに驚きの機能を搭載。カオス理論という力学などにみられる、「予測ができない程複雑な様子」に基づいた特許取得済みの人工生命機能を内蔵しているのです!

この、予測不可能な動きが、まるで生き物のような動きをねこじゃらしに発生させ、回転の向きが変わる左右反転や、動くスピードに強弱をつけたり、動いたり止まったりといった複雑な動きで、猫ちゃんの好奇心をくすぐりまくるのです。

《猫ちゃん夢中動画》

▲夢中な様子

使い方は簡単で、本体に単三電池を3本入れてから、電源ボタンを押すだけ。あとは、取り付けたロッドが自動的に動きだし、猫ちゃんと遊んでくれます。本体の下には、肉球の形をした滑り止めも付いているので安心。


▲左から「とり毛+ハードアーム」、「ふわふわ毛玉+やわらかアーム」(2つとも付属)

付属の2つのロッドによって、それぞれが異なる動きをするので、猫ちゃんをさらにわくわくさせてくれます。お気軽に使っていただけるので、猫ちゃんの運動不足やストレス解消にもいいですね!カラーはホワイトとライトイエローの2種類をご用意しました。ぜひ、飼い主さんや猫ちゃんの好きな色で、一緒に遊んでみてください!

▲左からホワイト(ふわふわ毛玉+やわらかアーム)、イエロー(とり毛+ハードアーム)

スペック

【電動ねこじゃらし じゃれとも】
税込販売価格:各3,218円
幅16.1×奥行き17.2×高さ5.4cm、約200g。本体はABS、ポリエステル。とり毛+ハードアーム、ふわふわ毛玉やわらかアームの2本付属。とり毛+ハードアームは約高さ30cm。電源は単三形乾電池×3本(別売り)。説明書付属。中国製。通電後の返品不可。

◆ペットゥモローショップURL:
http://shop.petomorrow.jp/products/detail.php?product_id=103

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫島として有名な宮城県・石巻市の「田代島」ってどんなとこ? (9.22)

  • ニュース

遠く離れた猫とも遊べる♪ 遠赤外線接続型ねこじゃらじ「パウボキャッチ」 (9.22)

  • ニュース

本作を観る前にチェック!映画『僕のワンダフルライフ』のフィーチャレット映像を公開 (9.21)

  • ニュース

思わず涙する人続出!映画『僕のワンダフル・ライフ』特別試写会レポート (9.21)

  • ニュース

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん (9.21)

  • ニュース

犬と猫、一緒に暮らすと楽しさ倍増? 飼い主さんに魅力を聞いてみた (9.21)

  • ニュース

愛猫家最大の難問!?「白猫黒猫ツーショット」はこうして撮ってみよう! (9.20)

  • ニュース

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る