TOP>ニュース > 【保護猫と暮らす】牧場で生まれた白猫ぷるちゃん

  • ニュース

【保護猫と暮らす】牧場で生まれた白猫ぷるちゃん

牧場で生まれた白猫ぷるちゃん

「目の前にいる人を救うために何ができるか考える。神様の目をまっすぐに見つめて胸を張れる生き方。それが揺ぎない信念」

歌手・美輪明宏さんの言葉は、覚悟を決めて猫と暮らし始めたKさんの思いと重なる部分があるのかもしれません。

ブルーアイが美しいこの子の名前は「ぷるちゃん」。とっても臆病だけど穏やかで優しい4歳の女の子です。

「名前は家に連れて来たときにプルプルと震えてたので『ぷる』と名付けました」

そう語るKさんとぷるちゃんとの出会いは牧場でした。というのもKさんは馬の仕事に携わって28年のベテラン。厩舎で馬のお世話をする厩舎員として働いています。

そんなKさんが以前働いていた牧場には黒猫が住み着いていました。同じ厩舎員のおじさんがまめに面倒を見ていたそうなんですが、

「ある日、黒猫が厩舎で子供を産んだんです。黒1匹と白3匹。その時はまだ猫を飼う気持ちにはなってなかったんです」

「実はその一ヶ月前に13年飼っていた愛犬が亡くなったばっかりだったんです」

愛犬とのつらい別れに悲しみも癒えていない状況。心の準備は整っていませんでした。そこでKさんは引き取ってくれる里親を探しました。生まれてから3か月、黒猫と白猫1匹は里親が見つかりましたが、もう一匹の白猫だけはなかなか貰い手が見つかりませんでした。

その白猫だけは他の子と違って、人が来ると隠れてしまったり、ご飯も人が居なくなるまで食べに来ない人見知りな子だったそうです。これだと誰も貰ってくれない、Kさんの不安は募るばかり。さらにもう一つ危惧していたことがありました。

「目を見たら、少し焦点が合ってない…。ブルーアイだし聴覚に障害があるから怖がって隠れるのかも?」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ある演歌歌手のはなし【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.15)

  • ニュース

くっついて寝る【仔猫を拾ったので】 (12.14)

  • ニュース

PDCAができてないって怒られたの【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.14)

  • ニュース

殺処分される動物を減らすための具体的な方法とは? (12.13)

  • ニュース

疲れた時は【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.13)

  • ニュース

人より匂いに敏感な犬猫にアロマオイルを使っても大丈夫なの? (12.12)

  • ニュース

カラスに襲われた捨てられた子猫。悪いのはだれ…? (12.12)

  • ニュース

ケンカしちゃった【ねこの写真で4コマ漫画】 (12.12)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る