TOP>ニュース > おデブ猫「金時」とは相思相愛!俳優・大野拓朗さん【映画『猫忍』公開記念インタビュー】

  • ニュース

おデブ猫「金時」とは相思相愛!俳優・大野拓朗さん【映画『猫忍』公開記念インタビュー】

こじらせ忍者とオヤジ猫による笑いと癒しのモフモフ時代劇『猫忍』(ねこにん)5月20日より全国公開!

猫と時代劇という異色のコラボで大ヒットを記録した『猫侍』に続く、第2弾として、現在、放映中の『猫忍』の映画化が決定。5月20日より全国公開がスタート。オヤジのように丸々と肥えた猫と旅をする主人公の忍者・陽炎太を演じたのは、主演ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』やNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など話題作に出演し注目を集める大野拓朗さん。映画の製作中に起きた『父上』役の猫、『金時(きんとき)』との微笑ましいエピソードと共に、作品の魅力を語ってもらった。

父上役の金時は俳優デビューにして名優っぷりを発揮しアドリブ続出!

――ドラマに続き映画化も決定した『猫忍』ですが、主役に決まったときの感想は?

「『猫侍』シリーズから大ファンだったので、めちゃくちゃ嬉しかったです。ゆるくて、ほっこりする物語が、侍から忍者になって帰ってきたということで、お話を頂いたときは、とても光栄でした」

――猫との共演ということで、不安はありませんでしたか?

「全くなかったです!動物が大好きだったのでものすごく嬉しくて。実家では犬を飼っているんです。猫と密に絡むのは初めてだったので、作品に入る前から楽しみにしていて、今回、金時と一緒にいて、猫も大好きになりました」

――『父上』役の金時ちゃんと、旅をする物語だけに、猫と触れ合う機会も多かったと思いますが、金時ちゃんの魅力を語ってください。

「金時だけでなく、猫全般に言えることですが、毛が柔らかい。あと、金時は体重が8キロとかなりのおデブちゃんなので、抱えたときの重量感もなんだか愛おしいし、むにゅむにゅっと気持ちいいんです。手足の動きも可愛くて、肉球が触りたくて、ずっと握手していましたね。そして、なによりも顔がタイプ♡。どんぴしゃで好きな顔なんです」

――最初から、仲良くなれたんですか?

「金ちゃんは甘えん坊なので、初対面のときから抱っこするときに、両手を僕の方においてくれて、相思相愛でしたね(笑)」

――8キロといえば、猫でもかなりのビッグサイズ(通常の猫は成猫で5~6キロ程度)。抱っこするシーンが多かったですが、苦労はありませんでしたか?

「肩も腰も痛くなりました(笑)。移動するシーンではショルダーバッグのような抱っこひもの中に金ちゃんが入っているので、右肩だけに8キロの重圧がかかるんです。これはかなりヤラれましたね(笑)」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (10.22)

  • ニュース

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス (10.21)

  • ニュース

ペットの好きな仕草ランキング、1位は「寝ている姿」 (10.20)

  • ニュース

世界に一つだけ…?飼い猫の顔をポーチにプリント♪ (10.20)

  • ニュース

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ (10.20)

  • ニュース

ペットが亡くなった時、子供にどう接するか? (10.20)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】愛犬が見つけた小さな命は不思議な運命の宝物 (10.20)

  • ニュース

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る