TOP>ニュース > 「何が?」「どこで?」猫もエピソード記憶を持っている?

  • ニュース

「何が?」「どこで?」猫もエピソード記憶を持っている?

フードを使った実験

実験対象となった猫は49匹。第1段階の実験では、4つの容器を用意し、そのうち2つにはフードが入っていて食べることができる。猫にどれでも好きなものを食べさせた後、一旦部屋の外に出し、その間に容器はすべて位置を変えないまま、空のものと取り換えられる。そして、15分後に猫を戻し、どう行動するかを観察。

第2段階の実験では4つの容器のうち2つにはフード、1つには食べられないものが入っており、残りは空の条件で同様の実験を行う。

実験1では最初のうちランダムにそれぞれの容器をチェックしていたものの、いずれにしても自分がさっき食べてしまった容器ではなく、もう1つ食べ物が残っていたはずである容器をチェックする時間のほうが長かったという。

「このお皿に美味しい食べ物があったのだから、このお皿のとこに来れば食べ物があるはすだ」と猫が考えたのなら、最初の容器のほうへ行くはずである。しかし、そうではない。ということは、「さっき、こことここに食べ物があった」ということは記憶しており、それを思い出して、「こっちはさっき食べちゃったから、こっちにはまだ残っていると思うんだけどなぁ…」と記憶を利用できているということ。

つまり、少なくとも「何が」「どこで」というエピソード記憶を犬と同様に猫ももっているのだろうと考えられるというわけだ。

であるなら、この前、我が家の台所からサンマを盗っていった猫がその後来ないのは、「持ってきたやつは食べちゃったから、あそこには魚はもうない」と理解しているということか?という冗談はさておき、この実験、簡単にできそうなものなので、試してみるのもおもしろいかもしれない。

参考資料:
Use of incidentally encoded memory from a single experience in cats / Saho Takagi, Mana Tsuzuki, Kazuo Fujita, et al. / Behavioural Processes, Available online 5 January 2017 DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.beproc.2016.12.014
Cats may be as intelligent as dogs, say scientists / BBC NEWS

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ねこの写真で4コマ漫画。「キャッチ アンド…」 (11.24)

  • ニュース

ネコの買い出し【津田蘭子の妄想スケッチ】 (11.23)

[PR]
  • ニュース

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』 (11.23)

  • ニュース

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』 (11.22)

  • ニュース

おかえりにゃさい〜!猫によって違う飼い主のお出迎え(笑) (11.22)

  • ニュース

子供とペットの関係について考える (11.21)

  • ニュース

まさにプライスレス!ワンコ・ニャンコの初めての瞬間13選。 (11.21)

  • ニュース

猫の爪切除手術「ディクロー」をした獣医師や飼い主は有罪? (11.20)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る