TOP>ニュース > ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

  • ニュース

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

m12509225

はじめてペットをお迎えするにあたり、用意しなくちゃいけない物はたくさんありますよね。トイレやゲージ、餌用のボウルなど一通り揃えなくちゃいけません。その中でもついつい後回しにしがちなのがベッドではないでしょうか? かくいうニャン吉も、猫の寝場所にはクッションを使えばいいかぁ……と思ってました。

最初のうちはクッションでスヤスヤ、夜はニャン吉の布団の上でスヤスヤ……、やっぱりベッドは買わなくていいじゃんなんて思いましたが成長していくと事態は一変します!

まずクッションに体が収まらない! 頭と両手足がはみ出て窮屈そう……。そして体重も増えていきますので布団の上に乗られると重さでニャン吉が寝苦しい! といった感じで猫ベッドの必要性を認識した我が家。ニャン吉と同じように、ベッドあった方がいいかな……と迷っている飼い主さんに今回ご紹介したいのが、ユニークかつ機能的なこちらのベッドです!

KETER バンクベッド

m12509225_1

こちらはベッドとキャリーバッグがひとつになった「バンクベッド」。室内では屋根付きのベッドとして使用でき、お出かけの際には猫ちゃんワンちゃんを入れて持ち運べるキャリーバッグになります。ニャン吉は結局ベッドとキャリーバッグをそれぞれ購入しましたが、その時にこの商品を知ってたらコッチにしてました……。

ベッドは毎日使っているからいいとして、押入れに眠るキャリーバッグはめったに使わないもんなぁ?なんて思いますから笑。それなりの大きさなので収納スペースもかさばりますし……。それがベッドと兼用で使えるなんてアイデアに敬服です!

m12509225_2

ベッドとしても上下二段式になっており、別々にして使ってもOK。昼と夜で寝る場所が変わるうちの猫ちゃんにはうれしいポイントです。多頭飼いのお家でもベッドが別々にできるので、ベッドの取り合いもなくなりますね。クッション部分は洗濯可能なので衛生的。約8kgの成猫・小型犬まで使用できます。

(ライター/ニャン吉)

スペック

◆商品名:KETER バンクベッド
◆価格:25,920円(税込)
◆サイズ:幅60×奥行き40.5×高さ51cm。耐荷重:8kg。
◆素材:本体:ポリプロピレン、クッション:ポリエステル。
◆本体:イスラエル製 クッション:中国製
◆ペットゥモローショップURL:
http://shop.petomorrow.jp/products/detail.php?product_id=65

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬は何年生きられる?犬の寿命とサイズとの関係について (11.18)

  • ニュース

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場 (11.18)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】保護猫が出産し大家族に。母猫と子猫のしあわせ物語 (11.18)

  • ニュース

映画「猫が教えてくれたこと」に描かれた人と猫の物語 (11.17)

  • ニュース

愛猫は1000年に一度の「ねこ」!保育士・てぃ先生【ねこじん】 (11.17)

  • ニュース

DV被害から避難する場合、ペットも一緒に避難できるのか? (11.17)

  • ニュース

ねこの写真で4コマ漫画。「火サス」 (11.17)

  • ニュース

【看板猫探訪】2匹の猫がお出迎えしてくれる美容院「REALITY HAIR」 (11.16)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る