TOP>ニュース > 猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?【Dr.古江のお悩み相談室】

  • ニュース

猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?【Dr.古江のお悩み相談室】

猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?

p8270776

猫は口内炎が多い動物なのを知っていますか?食べたいのに口が痛くて食べられない歯肉口内炎は食欲不振の原因となることが多く、難治性であることもしばしばで、猫も飼い主さんも獣医師も、頭を抱えてしまうことが多い病気なんですよ。

歯肉口内炎は他にも難治性口内炎、レッドマウス、リンパ球性形質細胞性口内炎、形質細胞性口内炎、慢性歯肉口内炎、慢性潰瘍性歯肉口内炎、潰瘍性増殖性口峡炎、猫の慢性潰瘍性歯周口内炎、口腔後部口内炎などと、別名もたくさんある歯肉・口腔粘膜における慢性の炎症性疾患です。

歯肉口内炎は、口の中で炎症が起こるので、よだれが増えたり、口の中が痛んで食欲が低下する、嚥下困難が起きるなどの症状が出てきます。炎症の範囲は歯肉や、頬粘膜、口峡部粘膜、舌や口唇に加え、咽頭や扁桃の周辺、口蓋にまで及ぶこともあります。

要するに口の中全てに炎症が起きることがあるため、名前も様々なんですね。炎症が慢性化してくると、粘膜表面がボコボコと増殖していき、まるでがんの様に見えてくることもあります。口が痛くて食欲がない状態が続けばどんどん痩せてしまい、体力・免疫力ともに落ちてしまい、どんどん弱っていってしまうこともあるんですよ。

口腔内に違和感を感じたり、痛みを感じるので、粘りのあるよだれが増える、口の周りを触らせなくなる、口が異常に臭い、口から血が出るなど、明らかに口に問題がありそうな症状の他にも、毛づくろいをしなくなることで毛艶がなくなったり毛並みが悪くなるなどの変化が現れることもあります。

また、急に柔らかいものしか食べなくなった、顔を床にしつこく擦り付けるなどの行動の変化が認められたり、食べている途中で奇声をあげるということで来院されるケースもあります。慢性的な痛みを抱えていること、食べたいのに食べられないストレスでイライラして攻撃的になる子もいるようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「りんご猫」って知ってる?保護猫カフェ「ネコリパブリック中野店」の取り組み (6.23)

  • ニュース

ペット探偵の捜索費用を補償する保険付きの猫探しアプリ登場! (6.22)

  • ニュース

すぐに満室!話題の人気物件「猫専用アパート」は保護猫の味方だった (6.22)

  • ニュース

どうやって付けたの?愛猫家に「愛猫の名前の由来」を聞いてみました! (6.21)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】牧場で生まれた白猫ぷるちゃん (6.20)

  • ニュース

よだれや食欲不振の原因にもなる猫の歯肉口内炎とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (6.19)

  • ニュース

猫ロボットを導入すると自立度が向上!?介護の現場で実証試験 (6.19)

  • ニュース

動物がいるからこそ伝わること、学べること『動物と子どもシンポジウム』レポート (6.19)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい〜!熱中症対策に役立つアイテム登場

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

頑丈で機能的!ひとつは持っておきたいイタリア製のカッコイイケージ

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る