TOP>ニュース > 猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?【Dr.古江のお悩み相談室】

  • ニュース

猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?【Dr.古江のお悩み相談室】

猫に多い歯肉口内炎を知っていますか?

p8270776

猫は口内炎が多い動物なのを知っていますか?食べたいのに口が痛くて食べられない歯肉口内炎は食欲不振の原因となることが多く、難治性であることもしばしばで、猫も飼い主さんも獣医師も、頭を抱えてしまうことが多い病気なんですよ。

歯肉口内炎は他にも難治性口内炎、レッドマウス、リンパ球性形質細胞性口内炎、形質細胞性口内炎、慢性歯肉口内炎、慢性潰瘍性歯肉口内炎、潰瘍性増殖性口峡炎、猫の慢性潰瘍性歯周口内炎、口腔後部口内炎などと、別名もたくさんある歯肉・口腔粘膜における慢性の炎症性疾患です。

歯肉口内炎は、口の中で炎症が起こるので、よだれが増えたり、口の中が痛んで食欲が低下する、嚥下困難が起きるなどの症状が出てきます。炎症の範囲は歯肉や、頬粘膜、口峡部粘膜、舌や口唇に加え、咽頭や扁桃の周辺、口蓋にまで及ぶこともあります。

要するに口の中全てに炎症が起きることがあるため、名前も様々なんですね。炎症が慢性化してくると、粘膜表面がボコボコと増殖していき、まるでがんの様に見えてくることもあります。口が痛くて食欲がない状態が続けばどんどん痩せてしまい、体力・免疫力ともに落ちてしまい、どんどん弱っていってしまうこともあるんですよ。

口腔内に違和感を感じたり、痛みを感じるので、粘りのあるよだれが増える、口の周りを触らせなくなる、口が異常に臭い、口から血が出るなど、明らかに口に問題がありそうな症状の他にも、毛づくろいをしなくなることで毛艶がなくなったり毛並みが悪くなるなどの変化が現れることもあります。

また、急に柔らかいものしか食べなくなった、顔を床にしつこく擦り付けるなどの行動の変化が認められたり、食べている途中で奇声をあげるということで来院されるケースもあります。慢性的な痛みを抱えていること、食べたいのに食べられないストレスでイライラして攻撃的になる子もいるようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【看板猫探訪】2匹の猫がお出迎えしてくれる美容院「REALITY HAIR」 (9.25)

  • ニュース

愛犬・愛猫のための病院選び6つのポイント (9.24)

  • ニュース

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし (9.24)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】奇跡の再会を果たした美脚猫せっちゃん (9.23)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (9.23)

  • ニュース

猫島として有名な宮城県・石巻市の「田代島」ってどんなとこ? (9.22)

  • ニュース

遠く離れた猫とも遊べる♪ 遠赤外線接続型ねこじゃらじ「パウボキャッチ」 (9.22)

  • ニュース

本作を観る前にチェック!映画『僕のワンダフルライフ』のフィーチャレット映像を公開 (9.21)

もっと見る

注目のグッズ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る