TOP>ニュース > ギネス認定を受けた世界一長い猫!長さはなんと118センチ

  • ニュース

ギネス認定を受けた世界一長い猫!長さはなんと118センチ

新たな世界“最長”の猫が登場し、ギネス認定を受けました。その長さは3フィート11インチ。なんと118.33センチだと言います。118.33センチの猫がどれだけ長いのか、イメージが付きますか?

1
出典:Nearly 4-foot-long cat in U.K. named world’s longest

そもそも、愛猫ちゃんの身体の長さを測ったことがあるオーナーさんって少ないかもしれませんね。ぜひ鼻先からシッポの先まで何センチくらいあるか測ってみてはいかがでしょうか。

2

「ずんぐりだなんて、失礼ね」

試しに筆者の猫・ねね(三毛猫、メス、4.3キロ)の長さを測ってみました。彼女は「すらっと体型」ではなく、「ずんぐり体型」ですし、尻尾はまっすぐでなく、“カギシッポ”のため不利ではありますが…約50センチでした。つまり、世界最長の猫の半分にも満たないということになります。

3
出典:Guinness World Records

長さ118.33センチの身体を誇るこの猫ちゃんは、イギリス・ウェイクフィールド在住のメインクーンのルドくん。飼い主のケルシー・ギルさんが『ハリー・ポッター』に出てくるメインクーンに一目ぼれし、「同じ種類の猫が欲しい!」と思ったことが、ルドくんとの出会いにつながったそうです。

ケルシーさんによれば、生後13週で引き取ったルドくんは、同じ時期に生まれた子よりもずいぶん大きかったと振り返ります。身体が長く大きいからか、一日中ごろーんとしていいて、他の猫に比べて動作がモッサリしているとのことです。

4
出典:Guinness World Records

好きなことはブラッシングをしてもらうこと。ゴロゴロのどをならしながら、うっとり顔のルドくんなのです。

5
出典:Guinness World Records

また、猫らしくない趣味も持っています。ケルシーさんが本を片手にベッドに入るとルドくんもやってきて、まるで一緒に読んでいるかのような素振りを見せるのだそうです。

どこかに連れて行くときはもちろん猫用ではなく、犬用のキャリーに入れます。「家の中で姿を探すときにこれだけ大きいと見つけやすい」と意外なメリットも教えてくれました。

6
出典:Guinness World Records

こんなに巨大なルドくんですが、「存命」の「世界で一番長い猫」としてギネス認定を受けたということは…。そうなんです、虹の橋を渡ってしまいましたが、過去にはさらに長い猫がいました。その長さ、なんと123センチ。

7
出典:Guinness World Records

こちらのスチュワート・ギリガンくん、通称ストゥーイーです。種類はルドど同じくメインクーン。2010年10月14日にギネスから「世界で一番長い猫」の認定を受けましたが残念なことに2013年にがんで亡くなりました。

メインクーンはイエネコの中で最も大型の品種の1つです。アメリカ・メイン州の“州猫”に定められています。誕生の由来には諸説あり、被毛の色や尻尾がアライグマ(ラクーン)にそっくりなことから、野生の猫とアライグマの間に生まれたのでは?という現実的には不可能ですが興味深い説も。

メインクーンの平均体重はオスは5.9キロから8.2キロ、メスは3.6キロから5.4キロだそうですが、大きい子は10キロを超えることもあるのだとか。大きなモフモフ猫ちゃんが好みという方にオススメです。

【動画】

文/賀来 比呂美

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

気づけば周りは猫だらけ!?猫に好かれるための猫カフェ攻略法2 (10.18)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

コレであなたの膝は猫まみれ!?猫に好かれるための猫カフェ攻略法 (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

アナタもワタシもみんなネコ。「化け猫フェスティバル」突入レポート (10.16)

  • ニュース

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし (10.16)

  • ニュース

愛猫家に聞いた「ウチの猫がハマったお気に入りグッズはこれだ!」 (10.16)

  • ニュース

迷子から11年後に戻って来た猫が話題!あなたの迷子対策は大丈夫? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る