TOP>ニュース > 【看板猫探訪】東京・八丁堀の猫好きが集う憩いカフェ「アビシニアンルーム」

  • ニュース

【看板猫探訪】東京・八丁堀の猫好きが集う憩いカフェ「アビシニアンルーム」

PETomorrow(ペットゥモロー)】

看板アビシニアンがいるカフェ

八丁堀駅から徒歩3分のオフィス街にある「アビシニアンルーム」は、猫カフェではなく「猫好きの集まるカフェ」。猫ちゃんは6匹、すべてがアビシニアン。毛並みのきれいな猫ちゃんが気ままに過ごしている様子をめでながら美味しいカフェタイムを楽しめる場所です。

img_1423

カフェ「アビシニアンルーム」は、「猫カフェ」ではないので、時間で料金がかかるといったシステムではありません。その日によって登場する顔ぶれも変わりますし、1匹しかいない日もあります。くつろいでいる猫を見ながらドリンクが楽しめるカフェなのです。人見知りではないので、気が向いたときには触らせてくれたりもします(笑)。

元々は犬派というご主人と猫派の奥さんが経営するお店。奥さんはずっとアビシニアンを飼うのが夢で、しぶるご主人を説得しアビシニアンを飼い始めると、ご主人も猫好きになっていったのだとか。

メンバーは全員で6匹。最初に迎えたのが陸(オス)と苺(メス)。その後、子猫が生まれたり、新たに迎え入れたりで、現在は祭、海、涼、奈々が加わり全6匹。アビシニアンの被毛カラー「ルディ」「レッド」「ブルー」「フォーン」と4色が全てが揃っているというのもアビシニアン好きにはたまらない魅力ですね。

img_1439

階段でくつろぐ猫ちゃん。お店の中でも自由気ままなんです。

カフェではドリンクのみの提供で、食べ物の持ち込みもOK。なので、昼時には、近所のOLさん達が、お弁当持参でランチタイムを楽しんでいます。

img_1424

カフェの2階部分でくつろぐ猫ちゃん。和モダンなくつろぎ空間は、近所のOLさんの憩いの場所。

img_1433

カウンターの上で見張っているのは看板猫の陸くん。耳を立てて会話をきちんと聞いています。昼間はOLさんを始め、近所の猫好きが集まって猫談義が花盛り。ただ、夜の「猫好きバータイム」は猫ちゃんたちは出勤時間外。猫ちゃんに会いたければ昼間の時間にしましょう。

猫カフェじゃない、猫のいるカフェ「アビシニアンルーム」。猫たちが自然にくつろぐ姿を見ながらホッと一息。地元に愛される「アビシニアンルーム」は、そんな優しい時間が流れる空間です。

◆アビシニアンルーム
住所:東京都中央区八丁堀2-18-1
電話:03-3551-8856
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00
水曜日の夜営業はお休みです
※夜の営業には猫ちゃんは出勤していません。
定休日:土・日・祝日
公式ブログ:http://abyssinians8room.blog25.fc2.com/

取材・文/佐藤玲美

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

コレであなたの膝は猫まみれ!?猫に好かれるための猫カフェ攻略法 (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

アナタもワタシもみんなネコ。「化け猫フェスティバル」突入レポート (10.16)

  • ニュース

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし (10.16)

  • ニュース

愛猫家に聞いた「ウチの猫がハマったお気に入りグッズはこれだ!」 (10.16)

  • ニュース

迷子から11年後に戻って来た猫が話題!あなたの迷子対策は大丈夫? (10.15)

  • ニュース

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器 (10.15)

  • ニュース

育つ環境で寿命が変わる?地域別ペットの健康度ランキング (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る