TOP>ニュース > 愛猫のために「猫じゃらし」をDIYしてみました【ペットグッズDIY】

  • ニュース

愛猫のために「猫じゃらし」をDIYしてみました【ペットグッズDIY】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

巷ではDIYが大ブームです。お部屋のDIYもいいけれど、大好きな猫のために猫グッズもDIYしてみませんか? そこで今回は、お手軽な猫じゃらしをDIYしちゃいます! 猫じゃらしで猫と遊んでいると、だんだん興奮してきて紐と柄の部分が外れてしまって壊れちゃうことが多いですが、そんな壊れてしまった市販の猫じゃらしからも作ることができるので、ぜひ、お試しあれ!

d01

イメージはこんな感じ……。猫が飛びつく猫じゃらしを作りましょう!

材料はこちら!

IMG_0868

◆竹ひご 1本
◆麻紐 適量
◆羽など飾りになるもの 適量
◆グルーガン(なければ布用の接着剤などでも可)

※今回は竹ひごを使いましたが、市販の猫じゃらしの柄を再利用するのもおすすめです。羽など猫をじゃらす部分も、毛糸やTシャツを切ったものなど何でもOKです。材料はホームセンターや100円ショップなどで購入可能です。

作り方

1.バランスを見ながら組み合わせた羽を麻紐で留める。留めた部分には補強のためグルーガンで糊付しておきます。

IMG_0869

2.羽を付けた麻紐の反対側を、竹ひごに巻きつけグルーガンで固定する。

IMG_0875

これで完成!初めて作ったわりには上出来です(笑)。

IMG_0877

羽は種類の違う羽をバランスよく組み合わせるのがポイント。こういうシックな色味の猫じゃらしって、市販されているものにはなかったりするので出来栄えも大満足です。

しかし!肝心なのは、猫たちが遊んでくれるかどうかなんです!ドキドキ…

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もしも愛猫が脱走したら…? 猫の捜索に役立つ『ねこもに』 (6.19)

  • ニュース

野良猫問題を解消!地域猫を引き取って見えてくるもの (6.19)

  • ニュース

アドバイス【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.19)

  • ニュース

「ふるさと納税」で猫が救えるって本当? (6.18)

  • ニュース

だいずの秘密【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.18)

  • ニュース

「招き猫」の発祥は東京都世田谷区だった? (6.17)

  • ニュース

アルバイト初日(だいず篇) 其の一【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.17)

  • ニュース

猫の葬儀。江戸時代の人もやっていたって本当? (6.16)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る