TOP>ニュース > 「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

  • ニュース

「たま駅長」で有名な和歌山県の貴志駅に2世駅長「ニタマ」に会いに行ってきた

PETomorrow(ペットゥモロー)】

b1

和歌山駅からわかやま電鉄貴志川線に乗り、揺られること約30分で終着駅に到着する。その終着駅とは、あの廃線寸前のローカル駅を救った「たま駅長」がいることで知られる和歌山県紀の川市にある貴志駅だ。

IMG_0493

「たま駅長」は、惜しまれながらも昨年6月末に16歳で永眠。和歌山電鐵を救ったその偉業を讃え「社長代理・ウルトラ駅長たまちゃん」として社葬が行なわれたのだが、そんな「たま駅長」、なんと現在は貴志駅に鎮座する「たま神社」の神様になっているのだ(県観光招き大明神、和歌山電鐵と地方公共交通の守り神)。

そして、駅長の座はたま2世駅長「ニタマ」に引き継がれており、現在の貴志駅に足を運ぶと生の「ニタマ」に出会えることができる。

【ニタマ駅長任命式 動画】

b4

さすが「たま駅長」で一躍有名になった駅。駅舎の中に入ると多くの観光客が訪れていた。それにしても平日だというのにすごい人数。なかでもアジア系外国人観光客の姿が目立っていた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

フクちゃんとマリモちゃん+4匹の子猫の愛しすぎる毎日 (1.18)

  • ニュース

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑) (1.18)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】あずきさんとひもであそぶ (1.18)

  • ニュース

泣けるほど美しい。いつも一緒に旅をする犬と猫 (1.18)

  • ニュース

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート (1.17)

  • ニュース

これは運命…? 突然、野良猫を飼うことになった男性 (1.17)

  • ニュース

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし (1.16)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】パパンのスマホで大事な話 (1.16)

もっと見る

注目のグッズ

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る