TOP>ニュース > 猫好きなら絶対行くべき!猫本専門店「神保町にゃんこ堂」はこんなところ

  • ニュース

猫好きなら絶対行くべき!猫本専門店「神保町にゃんこ堂」はこんなところ

PETomorrow(ペットゥモロー)】

IMG_1471-1

ペットゥモロー編集部がある小学館の所在地であり、本の街として有名な東京・神田の神保町。数多くの古書店、新刊書店が軒を連ねる中で、現在、1軒の小さな書店が注目を浴びている。猫本専門の書店「神保町にゃんこ堂」だ。

IMG_1488-1IMG_1489-1

この「神保町にゃんこ堂」が誕生したのは約2年前。それまでは、新刊書や新雑誌などを扱う「姉川書店」、いわゆるフツーの街の書店だった。しかし時代が流れるにつれ本が売れにくくなり、店内で本を探すお客さんの姿が激減。時折、新たなお客さんが訪れることはあっても、求める本の在庫がないとわかればすぐに立ち去り、他の面白そうな本との出会いを楽しむようなことはなかった。

その様子を寂しく思っていた店主の姉川二三夫さんは、ある時、娘である夕子さんに相談。すると、元々、猫が大好きだった夕子さんは、猫の本だけを集めたコーナーの設置を提案。しかも、仕入れる本選びも全て自分で行なうというのだ。

IMG_1487-1

こうして始まった猫本専用の棚。最初のうちは、店内一角の3棚分のスペースのみでスタート。もちろん仕入れ担当は夕子さん。本を仕入れる前にすべて自分で読むようにして、本の感想や魅力を伝える手書きPOPを作成。さらに、夕子さんの愛猫であるスコティッシュフォールドのリクオくんを店長に任命した。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【ねこのはてな】叱られるとあくびをする理由 (1.23)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】殺処分を乗り越え、幸せを掴んだはがねちゃん (1.23)

  • ニュース

猫に囲まれて暮らせる夢の「シェアハウス」に行ってみた。 (1.22)

  • ニュース

犬は何年生きられる?犬の寿命とサイズとの関係について (1.22)

  • ニュース

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ (1.22)

  • ニュース

【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】第六回 介護ネコ第一号家郎 便秘通院開始! (1.22)

  • ニュース

【ねこの写真で4コマ漫画】だれがやったのッ? (1.22)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】カラスに襲われていた黒猫はなびくん (1.21)

もっと見る

注目のグッズ

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る