TOP>ニュース > 桜台ペットクリニックが運営!里親探しをサポートする江古田の猫カフェ「えこねこ」

  • ニュース

桜台ペットクリニックが運営!里親探しをサポートする江古田の猫カフェ「えこねこ」

えこねこ外観1

池袋駅から10分足らず、美大や音大が立ち並び、コンセプトカフェも多い江古田の街で親しまれている「えこねこ」。普通の猫カフェとちょっと違う点は、ここに居るのはみんな、一度行き場を失った保護猫だったということです。

えこねこ外観2

この5年間で、なんと200匹もの猫がこちらで新しい飼い主さんと出会い、旅立っていったとか。お迎えを考えている方はもちろん、ペットと暮らせない環境の猫好きさんも通いつめてしまう、「えこねこ」の魅力に迫ってみました。

ペットクリニックが猫たちの健康を完全バックアップ!

えこねこ0

お客さんの入店を知らせるベルが鳴ると、ドアに駆け寄って行く好奇心旺盛な猫たち。みんな元気いっぱいです。実は「えこねこ」は江古田のお隣の駅にある桜台ペットクリニックが運営しているため、日々細やかな体調管理が行われているのです。

えこねこ1

えこねこ2

えこねこ3

遊んで! と駆け寄ってくる子、膝に乗って甘えてくる子、仲良くじゃれ合っている子、おやすみ中の子……みんな思い思いの時間を過ごしています。猫たちの気分にもよるのでしょうが、かなり人懐こい印象。撮影の間もたくさんの構って攻撃に、つい頬が緩みました。

えこねこ4

えこねこ5

えこねこ6

壁には今いる猫ちゃんのプロフィールが並んでいます。お名前と、特徴、性格の紹介などは見ているだけでも楽しめます。スタッフさんが一匹ずつしっかりと世話をしていらっしゃることがよくわかります。

たくさんの猫たちをまとめる猫社長

えこねこ7

1段目に鎮座しているのが、「えこねこ」の「社長」こと、カールくんです。「えこねこ」開店時からのスタッフ猫とあって、堂々としています。他4匹のスタッフ猫たちと一緒に新入り猫ちゃんの世話をしたり、常連さんのお相手をしたり、マイペースにお仕事されています。

えこねこ8

こちらは社長秘書のはなちゃん。実は、社長とともに「えこねこ」の看板にも登場しているので、ぜひ探してみてくださいね。

えこねこ9

13:00少し前になると、みんなちょっとした物音にも敏感に。

えこねこ10

えこねこ11

なんだかそわそわしていると思ったら、お食事の時間でした。猫たちの腹時計は正確です。

えこねこ12

それぞれの体調に合ったご飯を用意しているため、特別な食事が必要な子たちは家の中へ移動します。

えこねこ13

外に出ている子たちのごはんも様々。時々お隣の食事を覗いたりしながらも、スタッフさんに見守られて元気に食べていました。色々な事情を抱えてこちらへ来た猫たちも、こうしたきめ細かいケアによって元気な姿で里親さんの元へ行くことができるのですね。

おやつの時間まで、まったりお昼寝タイム

えこねこ14

えこねこ15

えこねこ16

えこねこ17

お腹いっぱいになると、お気に入りの場所でうつらうつら。まだまだ甘えたい盛りの子猫ちゃんを先輩猫がケアする姿も見られました。ここで仲良くなったり、もともと兄妹だった猫たちは、二匹一緒に里親さんの家へ旅立つことも珍しくありません。

えこねこ18

えこねこ19

えこねこ20

レジ周りでは、かわいい猫グッズの販売も行っています。猫たちがつけているシュシュが気になっていたのですが、こちらで購入してお気に入りの子にプレゼントできるのだそう。売り上げの一部は保護団体へ寄付されています。

えこねこ21

最後は「もう帰るの?」とばかりに足に抱きつく猫ちゃんも。飲み物のみの提供なので、人間はしっかりと腹ごしらえをしてからフリーダムな猫空間へお邪魔しましょう!

里親さんとして、猫ちゃんのお迎えを考えている方へ

「桜台ペットクリニックのねこカフェ」のネコちゃんたちは、「NPO法人リトルキャッツ」によって保護されたネコちゃんたちです。ここはネコちゃんたちの幸せ探しの場でもあります。下記の条件に当てはまる方は、ここで気に入ったネコちゃんを引き取ることができます。今まで、たくさんのネコちゃんたちが、優しい飼い主さんと出会うことができたそうです。桜台クリニックの小林先生がネコちゃんたちの健康管理をしているので、ネコちゃんたちの健康面も安心です。
<里親制度を利用できる条件>
・完全に室内で飼育できる方
・猫飼育可の環境に居住していること
・血液検査、ワクチン等医療費をご負担いただける方
※但し条件を満たしていてもご希望に沿えない場合がございます。

毎日更新されているスタッフブログでは、猫たちの和やかな日常はもちろん、里親さんの元へ旅立つ日のことなども記されています。
http://nerimaeconeco.blog86.fc2.com

スクリーンショット 2016-02-29 23.02.37

えこねこ
〒176-0005
東京都練馬区旭丘1-73-1竹島(旧三田)ビル2F
03-6914-4818
営業時間 12:00〜22:00(最終入店21:00)
※ 平日のみ21:30まで入店できます
西武池袋線「江古田」駅南口徒歩1分
http://www.necocafe.co.jp/ekoneco/

取材・文/馬塲言葉

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットが亡くなった時、「会社を休んだ人」は約10% (8.23)

  • ニュース

妄想スケッチの主人公猫、まーそんさん・おはなの家庭訪問 (8.23)

  • ニュース

猫がのってくる神楽坂のマッサージ店「うたたね」【看板猫探訪】 (8.22)

  • ニュース

可愛いすぎて食べられにゃい。鎌倉の新定番ゆる〜いお土産「鎌倉ねこサブレ」 (8.22)

  • ニュース

自分のペットがハンカチの中でかくれんぼ!オーダーメイドのフォトハンカチ (8.22)

  • ニュース

「ペットとの別れ」と向き合う。フランセス・メモリアルのペット慰霊祭 (8.22)

  • ニュース

ファン必見!!「岩合光昭の世界ネコ歩き」が映画化 (8.21)

  • ニュース

仲間を亡くした犬や猫が抱える、ペットロスならぬ「仲間ロス」について (8.21)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る