TOP>ニュース > 行ってみたい世界の猫スポットランキング1位は「マルタ共和国」

  • ニュース

行ってみたい世界の猫スポットランキング1位は「マルタ共和国」

エイチ・アイ・エスは、同社が運用するSNSの旅好きファンを対象に、「行ってみたい!世界の猫スポット投票キャンペーン」と題し、猫にちなんだ海外スポットの中から、行ってみたい猫スポットに投票してもらうキャンペーンを実施。その結果をランキング形式にて発表した。

1位【マルタ共和国】マルタ島<人口の倍近くの猫!古代エジプトより伝わった魔除け猫たち>
2b530e80c7d0de90885e285c5d7980632
イタリアの南側、地中海の中央に位置する小さな島・マルタ島。7000 年にもわたる地中海文明の文化や歴史が凝縮する治安の良い温暖な気候の島国で、リゾート地としても人気。約 42万人の人口の倍近くもいるといわれる程、マルタ島は猫だらけ。というのも猫に魔除けの力があると信じていた古代エジプト王朝の船が、マルタを含む周辺各国に猫を持ち込んだとされている。

【投票した人の声】
一度は行ってみたい猫の天国! ・ネコの表情もどこかしらオシャレ!
【日本からのアクセス】
ヨーロッパ主要都市まで約 12~13 時間。そこから飛行機を乗継ぎ 2 時間~3 時間ほどでマルタ島へ

2位【モロッコ】シャウエン<猫を大切にするイスラム教徒の国。青い街で暮らす猫たち>
c8856789ec11ab8b1013037cef6929f91
シャウエンは、北アフリカ・モロッコ北部のリフ山脈の奥深くにある。決してアクセスがいい場所ではないが、「おとぎの国」と絶賛される山間の美しいブルーのこの街は、世界中の旅行者の憧れとなっている。1 時間もあれば見てまわることができる青で染められた小さな街には猫がいっぱい。イスラム教を創始した預言者、ムハンマドが猫好きだったことから、イスラム教徒には猫好きが多いといわれている。この街が青く染められているのは、虫除けという説もあれば、涼しく見えるからという説もある。

【投票した人の声】
一度行ったらトリコになっちゃう街!!猫も逃げずにのんびり屋さんが多いよ♪
【日本からのアクセス】
日本からヨーロッパ主要都市を経由して約 18 時間でモロッコの首都カサブランカへ。そこから鉄道でフェズか、飛行機でタンジェヘ。いずれの都市からもバスで約 3~4 時間でシャウエンへ

3位【クロアチア】ドブロブニク<情緒溢れる港町で新鮮な魚を狙う猫たち>
3a4f695a458cb0ac0aceaa2eb13ac2dd1
人気アニメの舞台になったとも言われる街。オレンジの屋根が連なる迷路のような街並みを歩けば、あちこちで猫にあうことができる。レストランの椅子の上にも猫、魚釣りをする老人の傍にも猫。アドリア海に面した小さな港町には、新鮮な魚がお目当ての可愛らしい猫がたくさんいる。小ぢんまりとした町なので、アニメに登場する黒猫を探しながら散策を楽しんでみてはいかがだろう。

【投票した人の声】
クロアチアに前から行ってみたかったのですが、さらにこんな素敵な所でネコにも出会えるなんて!最高すぎます!!
【日本からのアクセス】
クロアチアの首都ザグレブまでヨーロッパ主要都市を乗り継いで約 14 時間。ザグレブからドブロブニクまでは飛行機で約1 時間

4位【ギリシャ】ミコノス島<エーゲ海の白い壁と青い海に魅了された猫たち>
f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be51
エーゲ海に浮かぶミコノス島はハネムーナーにも人気のリゾート。真っ白い壁と青い海が魅力的で、まるで絵本のような世界が広がる。そんなミコノス島は猫だらけ!道端でのんびり寛ぐ猫や、日向ぼっこする猫など、人にも慣れているのでとても愛らしい。

【投票した人の声】
ミコノスの港で漁師さんからお魚をもらう猫ちゃんたち。迷路の様な街の中を闊歩する猫ちゃんたち。白い壁、青い海の風景にピッタリでした!また会いに行きたい!
【日本からのアクセス】
日本からヨーロッパ主要都市を乗継ぎ約 16 時間でギリシャ・アテネへ。アテネから飛行
機で約 40 分、もしくはフェリーで約 5 時間半でミコノス島へ

5位【トルコ】エフェソス遺跡<猫を愛する国トルコで、遺跡に住みつく猫たち>
94ed160662be198949535a112047e9b4
トルコ首都イスタンブールかららイズミールまで飛行機で 1 時間。そこから車で約 1 時間のトルコ西部にあるエフェソス遺跡は、トルコの中でも保存状態が良く人気の遺跡。大劇場や図書館、アルテミス神殿などたくさんの見所があるこの遺跡で、たくさんの猫に会うことができる。地域ぐるみで面倒をみているトルコでは、猫好きのトルコ人に愛されて育った人懐っこい猫が多く、のんびりと暮らしている。

【投票した人の声】
遺跡の瓦礫をピョンピョン上手に渡って観光客について来てた!トルコは猫天国♪
【日本からのアクセス】
日本からトルコの首都イスタンブールを経由しイズミールまで約 17 時間。そこからバスで約 1 時間でエフェソス遺跡へ

6位【台湾】侯硐(ほうとん)<“猫好きが集まる村”として世界中から注目される村>
f4a1b0aed5dc02442c433030ff24c0311
台北から電車で 40~50 分程度の距離にある村。かつて炭鉱で栄えたこの村は、今や猫と、商店が扱う猫グッズで猫村の名に恥じない癒しスポットとなっている。村を歩けばいたるところで人懐っこい猫に出会えるため、世界から“猫好きが集まる村”として注目を集めている。台北からも日帰りで行ける距離なので、足をのばしてみるのもおすすめ。

【投票した人の声】
行ってきました!あまり天気が良くなかったので猫ちゃんたちはあまり外にいませんでしたが、のんびり自由に過ごしていました。おみやげさんで売っていたたくさんの猫アイテム、めっちゃかわいい!
【日本からのアクセス】
台湾・台北まで直行便で約 4 時間。台北から電車で 40~50 分。

7位【イタリア】トッレ・アルジェンティーナ広場(ローマ)<遺跡内の猫保護センターに暮らす猫たち>
8aa09ea6d7822fbb10331635d428d4881
ローマ旧市街中心にある遺跡で、紀元前の共和制ローマ時代の神殿やポンペイウス劇場の一部もあったとされるこの遺跡には猫がいっぱい!というのも遺跡の中に、ボランティアによる野良猫の保護センターがあるからだ。250 匹もの猫が里親を待っているそうだ。

【投票した人の声】
偶然辿り着いたこの遺跡。可愛い猫ちゃんがいっぱい居て忘れられない思い出に!
【日本からのアクセス】
日本からローマまで直行便で約 13 時間。広場まではテルミニ駅からバスを利用

8位【インドネシア】バリ島<神様の使者とされる猫たち>
f36fc0458607842cbf0775516687491b
バリ島ではバリ・ヒンドゥー教が信仰されており、猫は神様に近い存在、神様の使者とされている。猫の置き物を飾っておくと幸運が訪れると信じられており、バリ島の代表的なお土産に「バリ猫」という木彫りの置物があるのも納得。そんなバリ島の街中では野良猫よりも野良犬に会う機会の方が多いようだが、寺院やレストランでは人見知りの猫に会えるようだ。

【投票した人の声】
バリ旅行の時、ビーチから朝食をもらいにやってくるネコたちを思い出しました。やせてるけど、おっとりしていて癒されました。
【日本からのアクセス】
日本から直行便で約 7 時間半

9位【アメリカ】ヘミングウェイ博物館(キーウェスト)<ヘミングウェイに愛された 6 本指の猫の子孫たち>
e99cc3808964d9e08ec8fb27d43842de
アメリカ・フロリダ州の最南端キーウェストに、ヘミングウェイが執筆活動をしていた家(現在は博物館)がある。有名な「海と老人」はこの家で書かれたとか。ヘミングウェイが 6 本指の猫を、ある船の船長より譲り受け「幸運を呼ぶ猫」として愛していたそう。現在、その 6 本指の猫の子孫が 50 匹ほど暮らしており、その約半分は 6 本指だそうだ。

【投票した人の声】
かわいいー!行って癒されたい!
【日本からのアクセス】
日本からはアメリカ主要都市を乗り継ぎマイアミへ。キーウェストまでは車で約 4 時間

10位【スペイン】フォルメンテーラ島<地中海の美しい島で、新鮮な魚を目当てに住み着く猫たち>
b1db37a1df6c6332fc8bdf704e9d1e49
スペイン、バレアレス諸島の島。クラブミュージックの聖地として人気のイビサ島から南に約 6km、フェリーで 30分程度の距離にある島で、地中海最後の楽園と呼ばれている。イビサ島から船でのみ行く事ができる静かな島で、透明度が高い海が魅力のこの地に、たくさんの猫が住みついている。

【投票した人の声】
綺麗な海と猫がいる島、行ってみたい!
【日本からのアクセス】
日本からヨーロッパ主要都市を乗継ぎ約 15 時間でスペインのマドリードやバルセロナへ。そこから飛行機で約 1 時間でイビサ島へ。イビサ島からフェリーで約 30 分でフォルメンテーラ島へ

記事提供/@DIME
http://dime.jp/genre/237677/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

不要なTシャツで作るキャットハウスに挑戦!【ペットグッズDIY】 (6.23)

  • ニュース

「りんご猫」って知ってる?保護猫カフェ「ネコリパブリック中野店」の取り組み (6.23)

  • ニュース

ペット探偵の捜索費用を補償する保険付きの猫探しアプリ登場! (6.22)

  • ニュース

すぐに満室!話題の人気物件「猫専用アパート」は保護猫の味方だった (6.22)

  • ニュース

どうやって付けたの?愛猫家に「愛猫の名前の由来」を聞いてみました! (6.21)

  • ニュース

【保護猫と暮らす】牧場で生まれた白猫ぷるちゃん (6.20)

  • ニュース

よだれや食欲不振の原因にもなる猫の歯肉口内炎とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (6.19)

  • ニュース

猫ロボットを導入すると自立度が向上!?介護の現場で実証試験 (6.19)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい〜!熱中症対策に役立つアイテム登場

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

頑丈で機能的!ひとつは持っておきたいイタリア製のカッコイイケージ

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る