TOP>ニュース > 本当に猫のことを考えて作られたキャットハウス

  • ニュース

本当に猫のことを考えて作られたキャットハウス

残念なことに私自身は猫を飼ったことがないのだが、それでも猫のことは可愛いと思うし、彼らとの同居生活は楽しいだろうなと思う。だが、同時に気も遣うだろうなと勝手に思ってしまうのだ。

犬と違って、猫は人間と同居していてもどこか一線を引いているところがあって、その適度な距離感を保つことが大事なように思うからだ。しかも、そのための空間はちゃんと猫のために作られたものでないと気に入ってくれないのでは…と私なんかは不安になる。

そこで、今回は猫のためにデザインされたキャットハウスを紹介しようと思う。どれも既存のキャットハウスとは違ってよくデザインされているので、私たちの生活空間のデザインも壊さなくて済む。

球形をした調和の取れたデザインが美しいキャットハウス『Designer Cat Bed』

01

02

03

最初に紹介するのはハンドメイドによる球形のキャットハウス『Designer Cat Bed』だ。猫と言うと丸まって寝ている姿を連想する人もいると思うが、この『Designer Cat Bed』はそうした猫のイメージとも上手く合致していて調和が取れていると思う。

球の部分は金属製のワイヤーで作られているが、中には人工のファーが敷き詰めてあるので、猫が痛がる心配はなさそうだ。本体には木製の足がついているので床に置いた部分が傷をつけないような配慮も行き届いている。

カラーラインナップはホワイト、コッパー、ブラック、ゴールドの4色。価格は17,901円で「Etsy」のサイトより注文することが可能だ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「ふるさと納税」で猫が救えるって本当? (6.18)

  • ニュース

だいずの秘密【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.18)

  • ニュース

「招き猫」の発祥は東京都世田谷区だった? (6.17)

  • ニュース

アルバイト初日(だいず篇) 其の一【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.17)

  • ニュース

猫の葬儀。江戸時代の人もやっていたって本当? (6.16)

  • ニュース

子猫を発見した時に真っ先にすべき3つのこと。 (6.16)

  • ニュース

気功師 あずき 其の一(実演)【ねこの写真で4コマ漫画】 (6.16)

  • ニュース

猫が窓の外を見て「カカカ!」とクラッキングする理由とは? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る