TOP>ニュース > 本当に猫のことを考えて作られたキャットハウス

  • ニュース

本当に猫のことを考えて作られたキャットハウス

残念なことに私自身は猫を飼ったことがないのだが、それでも猫のことは可愛いと思うし、彼らとの同居生活は楽しいだろうなと思う。だが、同時に気も遣うだろうなと勝手に思ってしまうのだ。

犬と違って、猫は人間と同居していてもどこか一線を引いているところがあって、その適度な距離感を保つことが大事なように思うからだ。しかも、そのための空間はちゃんと猫のために作られたものでないと気に入ってくれないのでは…と私なんかは不安になる。

そこで、今回は猫のためにデザインされたキャットハウスを紹介しようと思う。どれも既存のキャットハウスとは違ってよくデザインされているので、私たちの生活空間のデザインも壊さなくて済む。

球形をした調和の取れたデザインが美しいキャットハウス『Designer Cat Bed』

01

02

03

最初に紹介するのはハンドメイドによる球形のキャットハウス『Designer Cat Bed』だ。猫と言うと丸まって寝ている姿を連想する人もいると思うが、この『Designer Cat Bed』はそうした猫のイメージとも上手く合致していて調和が取れていると思う。

球の部分は金属製のワイヤーで作られているが、中には人工のファーが敷き詰めてあるので、猫が痛がる心配はなさそうだ。本体には木製の足がついているので床に置いた部分が傷をつけないような配慮も行き届いている。

カラーラインナップはホワイト、コッパー、ブラック、ゴールドの4色。価格は17,901円で「Etsy」のサイトより注文することが可能だ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

本作を観る前にチェック!映画『僕のワンダフルライフ』のフィーチャレット映像を公開 (9.21)

  • ニュース

思わず涙する人続出!映画『僕のワンダフル・ライフ』特別試写会レポート (9.21)

  • ニュース

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん (9.21)

  • ニュース

犬と猫、一緒に暮らすと楽しさ倍増? 飼い主さんに魅力を聞いてみた (9.21)

  • ニュース

愛猫家最大の難問!?「白猫黒猫ツーショット」はこうして撮ってみよう! (9.20)

  • ニュース

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット (9.20)

  • ニュース

佐々木希が愛犬と一緒に登場! 映画「僕のワンダフルライフ」公開記念イベント (9.20)

  • ニュース

映画『僕のワンダフル・ライフ』PETomorrowライター陣によるリアルレビュー【後編】 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る