• 病気事典

苦しそうな呼吸をする

犬は汗腺が少なく体温調節が苦手なので、暑さを感じると口で呼吸をし、唾液を蒸発させて熱を放出する。しかし、いつも呼吸が荒い場合はなんらかの病気の可能性が考えらえれる。咳や発熱など、ほかの症状はないかチェックすることが重要だ。また、原因が呼吸器の障害にある場合は、咳の有無、どんな咳が出ているのかが症状を把握するための重要な要素になるので確認すること。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食欲がない
② 元気がない
③ 長時間暑い場所にいた
④ ほかの症状を確認しよう
  • 咳をしている
    激しい咳の場合は、気管支炎やケンネルコフの可能性も。
  • 口の中が白っぽい
    寄生虫の感染や脊髄の病気かも。
  • 熱がある
    高熱の場合は感染症の疑いが。
  • ぐったりしている
    熱中症・日射病の可能性も。
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の バベシア症

犬のコクシジウム

犬の鉤虫症

犬の鞭中症

犬の回虫症

犬の薬品による中毒

犬の食物による中毒

犬の食物性アレルギー

犬の前立腺腫瘍

犬の乳がん

犬の胃捻転

犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の心不全

犬の軟口蓋過長症

犬の気管虚脱

犬の気管支狭窄

犬の肺水腫

犬の肺炎

犬の気管支炎

犬の鼻腔狭窄症

犬の副鼻腔炎

犬の鼻炎

犬のフィラリア症

犬のパラインフルエンザ

犬のアデノウイルス2型感染症

犬のイヌ伝染性肝炎

狂犬病


ページトップへ戻る