• 病気事典

便に異変がある

便の状態は、食事内容や生活環境の変化によって変わることがあるので、最近の食事内容を振り返り原因を考えることも重要。また、便の状態によっては重い病気の可能性もあるので注意。とくに血便や水様便、粘液便などは緊急の場合があるので、すぐに動物病院へ。病院で定期的に糞便検査を受けておけば判断しにくい異常も発見しやすいので心がけること。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食事の内容はいつもと同じ
② 飲む水の量はいつもと同じ
③ 運動の量はいつもと同じ
④ 排便時の姿勢がいつもと違う
⑤ 薬などは与えていない
⑥ 色と形を確認しよう
  • 軟便
    ティッシュでつまめないやわらかい便。続くようであれば病院へ
  • 水様便
    ほぼ液体状の便。緊急を要する場合があるのですぐに病院へ
  • 粘液便
    便の表面に白っぽい粘液が付いている。すぐに病院へ
  • 血便
    血が混ざってたり、表面に血が付いている。すぐに病院へ
  • タール便
    胃や腸などで出血すると便と混ざり黒っぽくなる場合が。すぐに病院へ
  • 泥状便
    泥のような便。続くようであれば病院へ
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬のジアルジア症

犬のコクシジウム

犬の条虫症

犬の鉤虫症

犬の鞭中症

犬の回虫症

犬の腸閉塞

犬の胃潰瘍

犬の胃炎

犬の心不全


ページトップへ戻る