• 病気事典

便秘をしている

一般的な排便の回数は、食事の回数+−1回程度と言われている。食事や飲む水の量が少ないと便の量が必然的に減るので、この場合は食事を増量したり水を与えることで改善されることがある。そのほか、生殖器や泌尿器の病気によって便秘になる場合も。便秘の時は、運動により改善されることがあるので、1日様子をみて翌日も便秘であれば病気の可能性が考えられるので、病院に相談しよう。また、便秘と下痢を繰り返す、発熱などのほかの症状がある、排便姿勢を繰り返す、などがある場合は病院に相談しよう。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食事の内容はいつもと同じ
② 飲む水の量はいつもと同じ
③ 運動の量はいつもと同じ
④ 排便時の姿勢がいつもと違う
⑤ 環境は特に変わっていない
⑥ 薬などは与えていない
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

犬の回虫症

犬の前立腺腫瘍

犬の前立腺炎

犬の前立腺肥大

犬の腸閉塞

犬の心不全


ページトップへ戻る