• 病気事典

便に異変がある

猫の便は尿と同じように健康状態を知るための重要な手がかりになる。便の色が赤い、または黒い場合は、血が混じっている可能性があり、胃腸炎や感染症、腫瘍などが原因になることも。また、便の色が白っぽい場合は、胆嚢や膵臓の障害、黄色や緑がかった色の場合は、小腸の消化吸収不良などが考えられる。病院に相談する際は、スムーズな診察ができるように異常が出た便のサンプルを病院に持って行くことが望ましい。また、そのほかに症状が現れているようであれば、その様子も詳しく報告しよう。

ここをチェック!1つでもあてはまったら要注意!

① 食事の内容はいつもと同じ
② 運動の量はいつもと同じ
③ 排便時の姿勢がいつもと違う
④ 薬などは与えていない
⑤ お腹を触られるのを嫌がる
⑥ 嘔吐などのほかの症状がある
⑦ 食欲がない
この症状にあてはまる病気
この症状にあてはまる病気

猫の瞬膜露出症

猫の鉤虫症

猫のサルモネラ感染症

猫のトキソプラズマ症

猫伝染性腹膜炎

猫白血病ウイルス感染症

猫のリンパ腫

猫の糖尿病

猫の心不全

ページトップへ戻る