TOP>ペット相談室 > 痛み止めと抗生物質の注射のみの治療で大丈夫でしょうか?
  • ペット相談室

痛み止めと抗生物質の注射のみの治療で大丈夫でしょうか?

957c89ac0f8591e3e58296f5e47eed6c_s

Q.室内飼いの猫なのですが、足を引きずっているのを発見して、スグに病院へ連れて行きました、レントゲンを撮り、処置してもらったのですが、手術するほどでもなく、安静にしてください、と言われました。痛み止めと抗生物質の注射のみの治療でしたが、この治療のみでも大丈夫なものでしょうか?自然治癒の骨折もあるのでしょうか?(投稿者:チョコさん)

A.すみません。レントゲンを撮って処置もされたということで、おそらくその検査結果に診断するための材料があると思うのですが、そのあたりの情報が無いので全くの憶測になってしまいます。「手術するほどでもない」ということは「手術するほどではないが炎症等の軽い異常の所見がある」ということかと思います。抗生物質投与ということは腫れがありそうなのでまあ強いて言えば炎症を抑える薬があっても良いかなとも思いますが・・・。2~3日経っても変化無い(もしくは悪化する)ようなら、その旨獣医さんにきちんと伝えて別の処置をとってもらうといいかと思います。

※実際に患畜を拝見して問診・検査しなければ正しい診断は出来ません。質問を拝見した上であくまで個人的意見として返答しております。正式な判断は動物病院の獣医師さんの診断を受けるようよろしくお願いいたします。

獣医師少女漫画編集者・中田健一
http://petomorrow.jp/?s=%E4%B8%AD%E7%94%B0%E5%81%A5%E4%B8%80

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ペット相談室

発症する前に予防を!猫の病気予防策5選【Dr.古江のお悩み相談室】 (4.5)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】ゴム手袋で簡単にお掃除する方法! (2.25)

  • ペット相談室

予防することができない!?猫の腎臓病について (2.7)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】飼い猫の大好物は知っておくべき (1.31)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】猫の仕草に隠された意味。 (1.26)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】ギネス記録は38歳!?猫の年齢早見表 (1.25)

  • ペット相談室

猫エイズを知っておこう!【にゃんこの処方箋】 (1.25)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】新聞紙や雑誌に載ってくるのやめてもらいたいんですが…… (1.24)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る