TOP>ペット相談室 > 痛み止めと抗生物質の注射のみの治療で大丈夫でしょうか?
  • ペット相談室

痛み止めと抗生物質の注射のみの治療で大丈夫でしょうか?

957c89ac0f8591e3e58296f5e47eed6c_s

Q.室内飼いの猫なのですが、足を引きずっているのを発見して、スグに病院へ連れて行きました、レントゲンを撮り、処置してもらったのですが、手術するほどでもなく、安静にしてください、と言われました。痛み止めと抗生物質の注射のみの治療でしたが、この治療のみでも大丈夫なものでしょうか?自然治癒の骨折もあるのでしょうか?(投稿者:チョコさん)

A.すみません。レントゲンを撮って処置もされたということで、おそらくその検査結果に診断するための材料があると思うのですが、そのあたりの情報が無いので全くの憶測になってしまいます。「手術するほどでもない」ということは「手術するほどではないが炎症等の軽い異常の所見がある」ということかと思います。抗生物質投与ということは腫れがありそうなのでまあ強いて言えば炎症を抑える薬があっても良いかなとも思いますが・・・。2~3日経っても変化無い(もしくは悪化する)ようなら、その旨獣医さんにきちんと伝えて別の処置をとってもらうといいかと思います。

※実際に患畜を拝見して問診・検査しなければ正しい診断は出来ません。質問を拝見した上であくまで個人的意見として返答しております。正式な判断は動物病院の獣医師さんの診断を受けるようよろしくお願いいたします。

獣医師少女漫画編集者・中田健一
http://petomorrow.jp/?s=%E4%B8%AD%E7%94%B0%E5%81%A5%E4%B8%80

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ペット相談室

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】撫でたところをすぐ舐めるのはなんで? (12.12)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】靴下の臭いを嗅ぐのはなぜ? (12.12)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】お腹丸出しでゴロンする「へそ天」の秘密 (12.11)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】オッドアイって知ってますか? (12.11)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】猫がハマる!猫じゃらしの扱い方 (12.10)

  • ペット相談室

【ねこのはてな】猫のあくびには種類があるって知ってた? (12.9)

  • ペット相談室

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (12.8)

もっと見る

注目のグッズ

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る