TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】さんまロールのトマトパスタ

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】さんまロールのトマトパスタ

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

さんまロールのトマトパスタ

00_09

免疫力アップ食材のきのこを加えて体力強化!
さんまを巻いて調理することで、煮崩れしにくくなるほか食感も良くなり、食べ応えも満点!さらにさんまの旨味が食欲をアップさせます。食欲の秋にぴったりなレシピです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料( 体重10キロの子の1食分)

さんま(フライ用などの開いたもの) 1/2匹
きのこ(しめじ、えのきなど) 10g
長芋  20g
トマト缶  50g
にんにく  1/2かけ
オリーブオイル  適量
水 100cc
パスタ 30g
イタリアンパセリ 少々
薄力粉 少々

作り方

1.きのこ(粗みじん)、長芋(5ミリ角)、にんにく(みじん切り)を切る。

00_10
2.さんまを半身ずつに分け背びれや骨を取る。半分の長さに切り、端から巻いたら楊枝で止め薄く粉をまぶす。
3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱しさんまを焼く。表面に焼き色がついたら皿にとっておく。
4.さんまを焼いたフライパンでにんにくを炒める。香りが出てきたら長芋、きのこ、トマト缶、水を加えて一煮立ちさせ、皿に取っておいたさんまを戻し火が通るまでさらに煮る。
5.茹でたパスタを加えて軽く混ぜ、さんまの楊枝を抜く。さんまを食べやすい大きさに切り、イタリアンパセリを散らす。人肌程度に冷ましてから与えましょう。

ポイント

さんまはがんや動脈硬化を予防するEPAやDHA、貧血対策に重要なビタミンB12をはじめ、良質なたんぱく質、ミネラル類を豊富に含み、夏の疲れはさんまを食べれば回復するといわれるほど栄養満点な食材です。免疫力アップ食材のきのことあわせ、寒い時期に向けてしっかり体力をつけましょう。

13-1

文/宮岸知子

ペット食育協会認定指導士、日本ドッグトレーナー協会認定ドッグトレーナー。「心も体も健康に暮らす」をテーマに犬のごはんや犬との暮らし、しつけに関するセミナーを開催。今後は飼い主さんと犬が一緒にごはんを楽しみ、食生活が豊かになる料理教室を開催予定。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p50.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

鯖ピカタ【わんこの手作りごはん】 (9.17)

  • レシピ-ペットのご飯

豆腐と豚肉の卵とじ【わんこの手作りごはん】 (9.15)

  • レシピ-ペットのご飯

白身魚と野菜のまぜそば【わんこの手作りごはん】 (9.14)

  • レシピ-ペットのご飯

酢納豆のお豆腐のせ【わんこの手作りごはん】 (9.10)

  • レシピ-ペットのご飯

オーブンを使わない簡単ヨーグルトケーキ【わんこの手作りごはん】 (9.9)

  • レシピ-ペットのご飯

ツナとわかめの黒酢あえ【わんこの手作りごはん】 (9.4)

  • レシピ-ペットのご飯

ロールいわしのグリル【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.31)

  • レシピ-ペットのご飯

ナスのドリア【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.29)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る