TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】ふろふき大根 くるみ味噌だれ

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】ふろふき大根 くるみ味噌だれ

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

ふろふき大根 くるみ味噌だれ

栄養満点!免疫アップレシピ!!

胃腸を整え、ガンの予防にも優秀!

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重10キロの子の1食分)

大根 50g
くるみ 5g
鶏ひき肉 20g
かつお節 1g
味噌 小さじ1/2
はちみつ 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
水 400ml

作り方


1.くるみを細かく砕く。


2.砕いたくるみに、味噌とはちみつを加えて混ぜ合わせる。


3.大根の皮を剥き、1.5cmのさいの目に切る。


4.鍋に大根と水を入れ、火にかける。


5.鍋のお湯がが沸騰したら弱火にし、かつお節を加えて大根が柔らかくなるまで煮る。


6.鍋またはフライパンにごま油を敷き、鶏ひき肉を炒めて火を止める。


7.6の鶏ひき肉に大根の煮汁を大さじ1加え、更に2のくるみ味噌を加えて混ぜ合わせる。

8.大根を鍋から取り出して器に盛り、上に6のくるみ味噌だれをかけて完成。

ポイント

大根の食物繊維(リグニン)はマクロファージという免疫細胞の働きを高めたり、ガン細胞の発生を抑制したり、胃腸の働きを整える効果があります。これらの総合的な作用で免疫力を高める効果発揮されます。また、抗ガン作用を持つインターフェロンの誘発物質も含まれています。

くるみには、トリプトファンというアミノ酸が多く、脳の働きを高めます。また、不飽和脂肪酸であるリノール酸の働きで、身体の酸化を抑制します。他にも高脂血症の予防作用、尿道結石防止作用、ガンを抑制する作用が認められています。東洋医学では、くるみは肺の機能を高めるとされています。

08.profilephoto

文/藤根悦子

ペット食育協会認定上級指導士、ペット栄養管理士。薬膳インストラクターの資格も持っている。、現代栄養学と薬膳を統合した、身体に優しい手作り食のアドバイスを提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p18.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

いちごのクラフティ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.24)

  • レシピ-ペットのご飯

鶏肉のホイル焼き【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.23)

  • レシピ-ペットのご飯

そば粉のガレット【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.21)

  • レシピ-ペットのご飯

ふわふわかき玉うどん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】春菊の胡麻あえ (1.18)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】あんかけレンコンバーグ (1.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】ごぼうのパテ (1.13)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】あったか長いものつみれ汁 (1.11)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る