TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】スコーン

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】スコーン

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

じゃがいもガレットのピザ

わんこが喜ぶプチプチ食感!
とうもろこしがたっぷり入ったスコーンは、おやつにもお食事にも最適。プチプチした食感が、ワンちゃんにも大好評です♪

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重10キロの子の1食分)

A
薄力粉 100g
全粒粉 35g(薄力粉でも可)
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 小さじ1/4

B
なたね油 30g
豆乳 55g
メープルシロップ 15g

コーン 100g(コーン缶でも可)
パセリ 適宜

作り方


1、とうもろこしは蒸すか茹でて、包丁で実をそぎ落とす。


2、Aの粉類をふるい、混ぜておく。


3、Bの中にコーンとみじん切りにしたパセリを入れ混ぜ合わせる。


4、BをAの中に入れ、さっくりと混ぜ、ボールの中でパンをこねるように20回ほど練り、20分ほど休ませる。

5、4の生地を食べやすい大きさに切り分け、190℃に温めたオーブンかオーブントースターで20分ほど焼いて出来上がりです♪

 

ポイント

とうもろこしは野菜のイメージがありますが、分類上は穀物に属するイネ科の植物で、米・小麦と並び「世界の三大穀物」と呼ばれています。主な成分は炭水化物でエネルギーの元となります。疲労回復効果が高いといわれるアスパラギン酸が豊富です。

さらにグルタミン酸やアラニンなどを含むことから、疲れた時に取りたい食材です。またカリウムの含有量が多く、むくみの予防や改善の効果が期待できるといわれています。中医学でも、とうもろこしは夏のむくみに効果があると言われています。

夏が旬の野菜は体を冷やすものが多いのですが、とうもろこしは冷やしもせず、温めたりもしない「平性」の食べ物に分類されています。暑い夏ですが、冷やしすぎないのも健康の秘訣ですね。そして、身体の中にたまりがちな湿気を取り去ってくれる食材です。夏に上手に利用したい食材です。

とうもろこしの栄養素は水溶性のものが多いため、茹でるより蒸したほうが栄養価を落とさず、また、おいしく食べることができます。

文/阿部弘子

ペット食育協会認定上級指導士。ペットの食育講座を定期的に開催している。また、犬や猫との共生の中で最高のコミュニケーションになる美味しいごはん、おやつを提供するおやつショップを運営中。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p03.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

焼きりんご【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (2.23)

  • レシピ-ペットのご飯

鶏とキャベツの出汁煮【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (2.21)

  • レシピ-ペットのご飯

スペイン風オムレツ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (2.20)

  • レシピ-ペットのご飯

トロトロ豆腐のあんかけ麺【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (2.18)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】バレンタインラビオリ (2.8)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】しじみの和風クラムチャウダー (2.5)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】青菜のふんわりつみれ汁 (2.2)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】チキンロールキャベツ (1.25)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る