TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】なすとささみの生姜焼きサンド

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】なすとささみの生姜焼きサンド

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

なすとささみの生姜焼きサンド

夏野菜で夏バテ解消!
体の中の熱を冷まし、暑さによる食欲不振に効果があります。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重10キロの子の1食分)

なす 中1/3本
とまと 小 1/2個
ささみ  2本(約100g)
サンドイッチ用パン 2枚
生姜 小さじ1/2(すりおろしたもの)
バター 小さじ1(約5g)

作り方


1.なすを厚さ7mmの輪切りにしたものを4枚取り、塩水にくぐらせてから水気を切っておく。


2.とまとを厚さ5mmの輪切りにしておく。


3.ささみを半分の長さに切り、厚みも半分にする。


4.生姜はすりおろしておく。


5.パンは4等分に切る。


6.フライパンにバターとすりおろした生姜を入れ、中火で加熱する。
(先にフライパンを温めてからバターを入れると、焦げ付きの原因になります)

7.フライパン全体にバターと生姜が行き渡ったら、なすとささみを並べて焼く。


8.片面に焼き色がついたら裏返して両面を焼く。


9.焼きあがったなす、ささみ、とまとを適当に4等分にしたパンに挟み、崩れないようにラップに包んで15分程度落ち着かせる。


10.サンドイッチが落ち着いたら、食べやすいように更に半分に切り器に盛る。
(仕上げに茹でたブロッコリーなどを添えると、彩りが良くなります)

ポイント

なすやとまとなどの夏野菜には、体の中にこもった熱を冷ます働きがあります。暑さによる食欲不振に効果があるほか、胃腸の働きを高めて消化を促進します。

また、血液の流れを良くしたり、利尿作用があるのでむくみの解消にも効果があります。ただし体が冷えすぎると、せっかくの効果も逆効果になってしまうので、生姜、ささみなどの体を温める効果のある食材と組み合わせることで、冷え過ぎを防ぎます。犬が好きなバターで香り高く焼くので、喜んで食べてくれます。

08.profilephoto

文/藤根悦子

ペット食育協会認定上級指導士、ペット栄養管理士。薬膳インストラクターの資格も持っている。、現代栄養学と薬膳を統合した、身体に優しい手作り食のアドバイスを提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p18.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

肉巻きそうめん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (9.25)

  • レシピ-ペットのご飯

おからパウダーふりかけ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (9.23)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】完熟トマトとイカ&ツナの冷製オーガニックパスタ、バルサミコ酢アボカ... (9.22)

  • レシピ-ペットのご飯

南瓜クッキー【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (9.21)

  • レシピ-ペットのご飯

トマトとお豆の洋風炊き込みごはん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (9.19)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】ゴーヤのドライカレー (9.18)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】鮭ときゅうり揉みの混ぜすし (9.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】豆乳めん (9.10)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る