TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】そらまめの薬膳まんじゅう

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】そらまめの薬膳まんじゅう

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

そらまめの薬膳まんじゅう

豊富なビタミンB2で若返りに期待!
主成分は、でん粉とたんぱく質ですが、ビタミンB1やB2、C、鉄分なども豊富に含まれています。特に皮膚に効果があるビタミンB2の含有量は、豆類の中ではトップクラスです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重10キロの子の1食分)

そらまめ 6個
山芋 皮を剥いて50g
くこ 4個
はちみつ 小さじ1/2
塩 少々

作り方


1.くこを水に浸して戻しておく。

2.山芋の皮を剥き、すりおろす。


3.鍋にお湯を沸かし、少量の塩を加えて、そらまめを茹でる。茹であがったそらまめの皮を剥き、すり鉢でつぶす。


4.3にすりおろした山芋とはちみつを加え、よく混ぜる。


5.カップに4を分けて入れ、上にくこを飾る。


6.蒸し器に蒸気が出始めたら5を並べて入れ、布巾と蓋を被せて中火で6分蒸す。

7.冷めたらカップから取り出して完成。

ポイント

・そらまめ
胃腸のはたらきを高め、余分な水分を排出する効能がある。胃腸の機能を高めて体力を向上する。
※東洋医学では胃腸の状態が良くなると、皮膚が健康になると言われています。

・山芋
粘質成分で肺や胃腸の粘膜を潤して保護し、タンパク質の消化吸収を高め、滋養効果がある。

・くこ
肝腎を養い、毒素から肝を守り、肝腎の機能を丈夫にする。保養作用があり、目の疲労を回復して視力を改善する。肝腎を滋養することにより、筋膜、関節、骨を丈夫にする。

・はちみつ
胃腸を丈夫にして機能を高める。保湿作用があり、乾燥症状を改善する。胃腸の痛みを緩和しする。毒を解消する。

08.profilephoto

文/藤根悦子

ペット食育協会認定上級指導士、ペット栄養管理士。薬膳インストラクターの資格も持っている。、現代栄養学と薬膳を統合した、身体に優しい手作り食のアドバイスを提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p18.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

アクアパッツァ風パスタ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.19)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】気分だけでも「キーマカレー」 (8.18)

  • レシピ-ペットのご飯

あんかけ焼きそば【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.17)

  • レシピ-ペットのご飯

洋風ふりかけ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.15)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】まろやかゴーヤ味噌丼 (8.14)

  • レシピ-ペットのご飯

中華風冷奴【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.13)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】イカスミ冷製パスタ (8.8)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】おすましそうめんのサラダロール (8.7)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る