TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】春雨のシャキシャキ春巻き

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】春雨のシャキシャキ春巻き

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

春雨のシャキシャキ春巻き

00_456 2

食感も楽しめて満足度アップ!
色々な食材と相性がよく、のど越しもよい春雨。野菜と豚肉と一緒に炒めて、春巻きの皮でくるみ、シャキシャキ食感も楽しめ、おいしく食べられるメニューです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重10キロの子の1食分)

緑豆春雨(乾物) 10g
豚小間肉 80g
ピーマン 10g
にんじん 10g
もやし 40g
キクラゲ(椎茸でも可) 10g
ミニ春巻きの皮 4枚
ごま油 小さじ1と1/2

作り方

1.乾物の春雨を茹でておく

2.ピーマン、にんじん、きくらげ、できる範囲で脂身を落とした豚肉を細切りにする

3.フライパンにごま油小さじ1/2を入れ、2の野菜と豚肉を炒める

00_457 2
4.3に茹でた春雨をザク切にして入れ、更に炒める

00_476
5.豚肉に火が入ったら、お皿に4等分に分けて冷ます

00_477
6.5の具が冷めたら春巻きの皮で巻く

7.フライパンにごま油小さじ1を入れて、6の春巻きをこんがりと焼く

8.焼き色がついたらできあがり

ポイント

たっぷり食べられますが、カロリーは控えめです。どんな食材とも相性がいい春雨、身近な食材で、コストも控えめに、おいしくできます。春雨は茹でることで水分量が80%近くに上がるため、食べる分量に対してカロリーが低くなります。

豚肉は良質のたんぱく質を多く含み、エネルギー代謝を助ける、ビタミンB1も多く、疲労回復効果が期待できます。にんじんにはβカロテンが多く含まれ、豚肉のたんぱく質と一緒に食べることで、免疫力の増強に役立ちます。

ピーマンは様々なビタミンが豊富です。特ににんじん同様βカロテンが豊富なので、油で炒めることで体内への吸収もしやすくなります。

もやしは、シャキシャキとした食感が楽しめ、ビタミンCも豊富な食材です。キクラゲはきのこ類の中でもカルシウムが豊富。風味もよく、きのこ類初めてのペットにも、お薦めの食材です。

07.profilephoto-1

文/高岡まちこ

ペット食育協会上級指導士。シニア期の愛犬チワワ4頭に、11年以上手作りごはんを与えている経験を活かし、ペット食育上級指導士として、ペットの食事に悩むペットオーナー向けのペット食育講座の開催や、手作り犬ごはんレシピなどを動画配信している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p12.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

筋力アップにおススメ!薄揚げのサラダロール【簡単作り置きヘルシーペットごはん】 (5.25)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】鯵の南蛮漬け (5.24)

  • レシピ-ペットのご飯

白ごまのブランマンジェ【簡単作り置きヘルシーペットごはん】 (5.23)

  • レシピ-ペットのご飯

貧血予防と疲労回復効果におすすめ!魚介のスープパスタ【簡単作り置きヘルシーペットごはん】 (5.21)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】鶏レバーと大豆のハヤシライス風 (5.20)

  • レシピ-ペットのご飯

丈夫な骨や歯を作ろう!納豆じゃこチャーハン【簡単作り置きヘルシーペットごはん】 (5.19)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】火を使わない!鯖の水煮缶のサラダうどん (5.16)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】豆腐とじゃこのピザ (5.12)

もっと見る

注目のグッズ

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

おくだけで簡単取り付け!わんこの転倒防止に役立つ階段マット

しっぽふりふりダンスがかわいい!手漉き和紙の仔猫ちゃん壁掛け時計

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る