TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】春野菜のちらしご飯

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】春野菜のちらしご飯

PETomorrow(ペットゥモロー)】

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

春野菜のちらしご飯

00_110

栄養バランスに優れた元気が出るごはん!
冬が終わり暖かくなってくると、芽を出す野菜が美味しい季節となります。彩も鮮やかで華やかさも演出してくれる春野菜♪出汁で煮込む代わりに炒め、チャーハンへのアレンジもお薦めです。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重10キロの子の1食分)

サーモンの切り身 2枚
しらす(柔らかめ) 30g
アスパラガス 細身2本
菜の花  1/3束
人参 25g
舞茸 10g
昆布出汁 80cc
炊いたご飯 60g
ごま油 少々
錦糸卵 適宜

作り方

00_106
1.アスパラガスと菜の花は下茹でして適当な大きさに切ります。人参は細切りに、舞茸はみじん切りにしておきます。

00_107
2.お鍋に昆布出汁としらす・舞茸・人参を入れて煮込みます。

00_108
3.(2)に炊いたご飯を加えて汁気を飛ばし、焦げ付かないように混ぜます。

00_109
4.火を止めて粗熱を取り、アスパラガスと菜の花、ごま油を少量加えてさっくりと混ぜ合わせます。

5.器に盛り、サーモンの切り身と錦糸卵・菜の花・アスパラガス等で飾りつけます。

ポイント

サーモンには抗炎症作用、抗酸化作用、血行促進、動脈硬化予防、早骨を強化、疲労回復効果が期待出来ます。またアスパラガスは様々なビタミンを豊富に含む野菜です。アミノ酸の一種であるアスパラギン酸を含み、新陳代謝を促進して疲労回復を助けるとされています。

菜の花は鉄分や葉酸も多く含む野菜です。アスパラガスや菜の花等の茎部分を喜ぶことが多いので、下茹でしてオヤツ代わりに使うのも良いですね。

05.profilephoto

文/こばやし裕子

ペット食育協会認定上級指導士として、大阪を中心に講座を開催。愛犬の体調不良で食に悩んだ飼い主のひとりだった経験を基に、食事の大切さと同時に、食事だけに原因を求めすぎない目からウロコな情報を提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p09.html

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

砂肝ジャーキー【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (10.19)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】秋の味覚たっぷり!秋野菜もたっぷり!栄養満点!鮭の味噌バターソテー (10.18)

  • レシピ-ペットのご飯

バナナマフィン【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (10.17)

  • レシピ-ペットのご飯

手作りハンバーガー【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (10.15)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】エビとキノコのアヒージョ風パスタ (10.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】かぶのグラタンスープ (10.12)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】秋鮭とさといものクリーム煮 (10.10)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】人参とバナナのもちもちパウンドケーキ (10.7)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る