TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】しらすとリンゴのピザ

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】しらすとリンゴのピザ

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

しらすとリンゴのピザ

00_72

00_75

おやつにも最適!手軽に作れるピザ
しらすとりんごのおやつにもなるピザ。ピザ生地も混ぜるだけの簡単レシピをご紹介します。

00_74

生地には「ワンタンの皮」を使うとよりお手軽に楽しめます。ちょっとしたわんこ同伴のホームパーティメニューにも、 ぜひ、飼い主さまとわんこと、ご一緒にお楽しみください。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重10キロの子の1食分)

《ピザ生地》
米粉 20g
片栗粉  7g
オリーブオイル  小さじ11/2
水 大さじ1

《具》
しらす 30g
ブロッコリー 10g
りんご 10g
カッテージチーズ 30g

作り方

1.米粉、片栗粉をボールに入れ、オリーブオイルを混ぜ、 水を少量ずつ加えながら、ひとまとめにする。

00_73
2.1をオーブンシートに乗せて、ラップを上からかぶせ、綿棒で1~2㎜程度に薄く延ばす。食べやすいサイズのものを2~3枚作るのもおススメ。

3.2の生地をオーブントースターで軽く30~45秒焼く。

4.3の生地の上にカッテージチーズ、1cmの薄切りにしたりんごと子房に分けたブロッコリー、しらすをトッピングする。

5.4をオーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。人肌程度に冷めてから与えてください。

ポイント

特に体調2~3cm程度の白いイワシ類の雑仔魚の総称を「しらす」といい、 水揚げされたものをさっと湯通ししたものが「釜揚げしらす」と呼ばれます。 年中獲れるものの、春と秋には脂がのっていて特に美味しい時期と言われます。

真冬の時期も、海水温が低いため白い体色のまま少し大きくなったふっくらしたシラスが獲れるそうですから 今の時期も楽しめる季節でもありますね。 丸ごと食べられるシラスはたっぷりのカルシウムが含まれ、コレステロールをさげるEPAも豊富。

くせもないので、和・洋・中のいろんな料理に使え、わんこも喜ぶ食材の一つ。 「釜揚げしらす」ならば、うっすらと塩味を感じる程度ですから 塩分もさほど気にする必要もないと思われ、お手軽に取り入れたい食材の一つです。

03.profilephoto

文/かとうゆうこ

ペット食育協会上級指導士・ペット栄養管理士。名古屋を中心にペット食育協会認定ペット食育講座を開催中。「ペットと飼い主のための料理教室」をはじめ、タッチケア、アロマ等のホームケア講座も近々開催予定。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p19.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

鶏肉のホイル焼き【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.23)

  • レシピ-ペットのご飯

そば粉のガレット【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.21)

  • レシピ-ペットのご飯

ふわふわかき玉うどん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (1.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】春菊の胡麻あえ (1.18)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】あんかけレンコンバーグ (1.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】ごぼうのパテ (1.13)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】あったか長いものつみれ汁 (1.11)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】ささみのみぞれ和え (1.5)

もっと見る

注目のグッズ

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る