TOP>ペットのごはん > 【わんこの手作りごはん】マグロと長芋のタルタルハンバーグ

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】マグロと長芋のタルタルハンバーグ

須﨑恭彦監修わんこの手作りごはん

マグロと長芋のタルタルハンバーグ

00_84

血液サラサラ!滋養効果も期待できる!
寒さ本番となる季節には、身体を温める効果のある食材と身体の要である胃腸を保護する食材の組み合わせで寒さや乾燥に負けない身体づくりをしましょう!

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重10キロの子の1食分)

マグロ中落ち 100g
長芋 40g
ニンジン 20g
小松菜 20g
ショウガ 1g
片栗粉 小さじ1(水30cc)
水 120cc
ごま油 少量

作り方

1.長芋の皮を剥き、5mm角に切っておく
2.ニンジンを長さ3cmの細切りにしておく
3.小松菜を長さ3cmに切る

00_80
4.ショウガは良く洗って、皮ごと1cmの針ショウガにする
5.片栗粉を30ccの水に溶いておく。

00_81
6.鍋に水120ccを入れ、沸騰したら2、3、4の材料を入れ柔らかくなったら水で溶いておいた片栗粉を入れる。とろみがついたら火を止める。
7.マグロの中落ちに5mm角に切った長芋を入れて良く混ぜる。

00_82
8.7をラップに包んで、ハンバーグの形に整える。

00_83
9.フライパンでごま油を温め、形を整えたマグロと長芋のハンバーグを焼く。
10.軽く焼き色が付いたら裏返して両面を焼く。
※注意:この時、焼き過ぎないで中は生のままにする。
11.両面に軽く焼き色が付いたらお皿に移し、上から6のニンジン、小松菜、ショウガのあんをかけて完成。人肌程度に冷めた状態で与えましょう。

ポイント

マグロは薬膳では『温』の食材で、身体を温める性質をもっているので血行を促進します。更に血液をサラサラにし、コレステロールを下げたり、動脈硬化を予防するので『貧血』や『体力回復』、『老化防止』に効果がる、冬に摂りたい食材です。

また、長芋のネバネバ成分であるムチンは、肺や胃の粘膜を潤して保護し、タンパク質の消化や吸収を高め、滋養効果があります。漢方の古典にも「長期間使用しても害がなく、生命を養い、不老長寿に役立つ」とされています。

08.profilephoto

文/藤根悦子

ペット食育協会認定上級指導士、ペット栄養管理士。薬膳インストラクターの資格も持っている。、現代栄養学と薬膳を統合した、身体に優しい手作り食のアドバイスを提供している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p18.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】おすましそうめんのサラダロール (8.24)

  • レシピ-ペットのご飯

中華風冷奴【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.23)

  • レシピ-ペットのご飯

ヒンヤリ水ようかん【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.21)

  • レシピ-ペットのご飯

アクアパッツァ風パスタ【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.19)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】気分だけでも「キーマカレー」 (8.18)

  • レシピ-ペットのご飯

あんかけ焼きそば【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】 (8.17)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】まろやかゴーヤ味噌丼 (8.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【わんこの手作りごはん】イカスミ冷製パスタ (8.8)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る