TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】セロリとれんこんのミートボールスープ

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】セロリとれんこんのミートボールスープ

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

セロリとれんこんのミートボールスープ

にゃんこが食べやすい優しいレシピ♪
独特な風味や苦みがあるセロリですが、火を通せばクセがなくなって、とてもおいしくなります。
ミートボールには、すりおろしたレンコンを使うことで、ひき肉がベタつかず、まとまりやすくなりました。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

豚ひき肉 50g
レンコン 20g
にんじん15g
白菜 10g
セロリ 8g
舞茸 8g
水 100cc
ゴマ油 少々
★片栗粉 大さじ2分の1
★水 大さじ2分の1

作り方


1.レンコンはすりおろし、その他の野菜はすべて細かく切る。


2.ボウルにひき肉を入れてこね、レンコンとセロリを加えてさらにこねる。

3.鍋に水を入れて、にんじん、舞茸を入れて火にかけ、沸騰したら白菜も加えて野菜がある程度やわらかくなるまで煮る。

4.フライパンにゴマ油を入れて熱し適当な大きさに丸めて焼く。

5さらに少し煮て、★の水溶き片栗粉を加えて混ぜたら火を止める。人肌程度に冷ましてできあがり。

ポイント

セロリには、抗酸化作用のあるビタミンCや、血栓や高血圧の予防に効果的なβーカロテンが豊富に含まれています。
また、独特な香りは、アピイン、テルペンなど約40種類の香り成分によるものでこの成分には神経を鎮めたり、食欲増進などの効果があります。

古くから、薬用としても食べられていたレンコンは、ビタミンCの含有量が高く、カリウムや鉄、銅、亜鉛などのミネラルも豊富です。
ビタミンCは熱には弱いのですが、レンコンにはデンプンが多いため、加熱しても相当量のビタミンCが残るという特徴があります。
ビタミンCには、疲労回復の他、発ガン物質の抑制などの効果が期待できます。

豚肉には、疲労回復ビタミンと呼ばれるビタミンB1が多く含まれています。疲れの元になる乳酸が、体内に蓄積するのを防いだり、筋肉や神経の疲労を取り除く働きが期待できます。

sekiguchikiyomi

文/関口清美

ペット食育協会認定上級指導士。調理師。伊豆高原にあるペット(犬)と泊まれる天然温泉宿「アップルシード」を経営。キジやハリネズミなどが玄関先に現れる大自然の中で、犬・猫・うさぎ・カメと暮らしている。宿泊するワンちゃん向けに手作りディナーやバースデーケーキ、おやつなどのメニュー開発を日々考案している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p57.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】里芋唐揚げのせ鶏のとろとろスープ (1.17)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】りんご酢豚 (1.16)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鱈のチーズ焼き定食 (1.15)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】セロリとれんこんのミートボールスープ (1.12)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】簡単、手間いらず!揚げないかぼちゃコロッケ (1.9)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】七草がゆ (1.2)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】お雑煮と祝い餅 (12.29)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鯛と鮭の紅白テリーヌ (12.28)

もっと見る

注目のグッズ

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る