TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】うどと牛肉の炒め物

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】うどと牛肉の炒め物

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

うどと牛肉の炒め物

香りが違う天然うどのレシピ
栽培物なら、年間を通して手に入るうどですが、この季節にしか手に入らない天然物は、やはり、香りが違います。うどのやさしい風味と牛肉のしっかりした味わいが、お互いのおいしさを引き立ててくれます。だし汁の替わりに、おしょうゆ、みりん等を加え、お好みの味に整えていただければ、ご家族様用メニューにも。春の香りをお楽しみください。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料 (体重4キロの子の1食分)

牛こま切れ 50g
うど 20g
にんじん 10g
菜の花 10g
しいたけ 1枚
だし汁 少々
ごま油 少々

作り方

1.薄く切ったうどを酢水に10分程つけて、アクを抜く。

2.牛肉、にんじん、菜の花を、それぞれ食べやすい大きさに切る。


3.牛肉を、ごま油で炒める。


4.牛肉に火が通ったら、うど、にんじん、菜の花をいれて、さらに炒める。

5.4に、具材が3分の1程度かくれる位のだし汁を加え、 水分がなくなるまで煮ふくめる。

ポイント

牛肉は、必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく源です。たんぱく質は、骨や筋肉、血液などの主成分。丈夫な体作りに有効です。また、豊富に含まれるビタミンB2は、動脈硬化の予防や、老化の防止に効果があります。

うどのアスパラギン酸は、体内の新陳代謝を高め、疲労回復に役立ちます。

にんじんに含まれる含まれるビタミンAは、粘膜を保護し、病原体の侵入を防いでくれます。

熱を伴う炎症や、腫れを治し、血液の滞りをなくす、として古くから薬用の食材としても利用されてきた菜の花には、ビタミンCも豊富に含まれますので、免疫力のアップに期待ができます。

食物繊維たっぷりのしいたけに含まれるエリタデニンはコレステロールを下げてくれる効果もあります。

06.profilephoto

文/鈴木美由起

ペット食育協会認定上級指導士。「猫さんと人が、共に快適で、しあわせな暮らし」をコンセプトに、無垢材やオーガニックコットンを使用した猫製品の企画・販売を行なう他、キャットシッター、猫の食のアドバイス、猫との暮らしアドバイスを通じ、猫と、猫と暮らす人の快適生活を提案している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p11.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豚肉と枝豆の素麺 (9.24)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豆腐のキッシュ (9.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鰯のオリーブオイル炒め (9.16)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】とろろとサンマのそば (9.15)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鶏そぼろ肉じゃが (9.12)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】魚介と桃の冷製パスタ (9.8)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】揚げないとろとろ飛龍頭(ひろうす) (9.2)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】冬瓜とささみのゼリーよせ (8.29)

もっと見る

注目のグッズ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る