TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】鰆のクリームパスタ

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鰆のクリームパスタ

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

鰆のクリームパスタ

カリウムが豊富な鰆を使ったレシピ!
春の魚と書く鰆。あっさりした白身魚を使って、ネコちゃんも好むクリームソース風パスタを召し上がれ。 もちろん、飼い主様も調味いただけましたらご一緒に楽しめます。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

鰆(皮付き) 25g
キャベツ(あれば春キャベツ) 10g
パプリカ(赤・黄) 各10g
スパゲティ 5g
米粉 3g
牛乳または豆乳 15g
オリーブオイル 3g

作り方

1.お湯を沸かし、スパゲティを半分に折り、柔らかめに茹でる。


2.スパゲティが茹で上がる少し前に 食べやすくカットしたパプリカ、キャベツを1の鍋に入れ、さっと火を通す。

3.2のキャベツを食べやすい大きさにカットする。


4.鰆の表面に米粉をまぶし、フライパンで表面をカリッと焼く。


5.4のフライパンに茹でて食べやすい大きさにカットしたパプリカ、キャベツとオリーブオイル残りの米粉を加えたら、鰆を適当に崩しながら炒める。


6.粉っぽさがなくなったら、牛乳を加え様子を見ながら、スパゲティの茹で汁を少し加える。


7.6に茹でたスパゲティを加え、全体にソースが絡まったら、できあがり。

ポイント

鰆はタンパク質が豊富で、魚のなかでもカリウムの含有量が多いと言われ、疲労回復や高血圧予防効果も期待できます。身も柔らかく消化が良いので子猫や老齢猫にもオススメ。パプリカはビタミンが豊富でアンチエイジング、疲労回復も期待でき、特にパプリカに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいと言われます。

ビタミンCに加えイソチアシオネートを含むキャベツは抗酸化効果が高く、免疫力を高めがん予防も期待できます。 パプリカや春キャベツは、甘みも強いので野菜が苦手なコも食べられることが多いようです。さらにクリームを絡めることで、にゃんこの喰いつきUPも期待できます。

03.profilephoto

文/かとうゆうこ

ペット食育協会上級指導士・ペット栄養管理士。名古屋を中心にペット食育協会認定ペット食育講座を開催中。「ペットと飼い主のための料理教室」をはじめ、タッチケア、アロマ等のホームケア講座も近々開催予定。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p19.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豆腐のキッシュ (9.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鰯のオリーブオイル炒め (9.16)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】とろろとサンマのそば (9.15)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鶏そぼろ肉じゃが (9.12)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】魚介と桃の冷製パスタ (9.8)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】揚げないとろとろ飛龍頭(ひろうす) (9.2)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豚肉と枝豆の素麺 (9.1)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】冬瓜とささみのゼリーよせ (8.29)

もっと見る

注目のグッズ

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る