TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】ほうれん草のココットキッシュ

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】ほうれん草のココットキッシュ

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

ほうれん草のココットキッシュ

01_352

オーブンまかせの簡単レシピ!
材料をココットに入れたらあとはオーブンまかせなので、作業としては10分ほどの簡単レシピです。飼い主さん用には、豆乳を生クリームに変えて作ると、コクが出てより一層おいしくなります。ぜひ試してみて下さいね。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

01_353

ほうれん草 15g
サーモン 40g
しめじ 10g
たまご 1個
豆乳 70cc
シュレットチーズ 8g
オリーブオイル 小さじ1

作り方

01_354
1.ほうれん草は下ゆでして水にさらし、水気を固く絞ってから細かく切っておく。サーモンは電子レンジで1分ほど加熱して、皮と骨を取り除いて、身を小さくほぐしておく。しめじも小さく切っておく。

01_355
2.たまご、豆乳、シュレットチーズを混ぜて、卵液を作る。

01_356

01_357
3.フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、1を炒めた後、ココットに入れる。

01_358
4.3に2を注ぐ。

5.4をオーブンに入れて、200℃で15分ほど様子を見ながら焼く。人肌程度に冷ましたらできあがり♪

ポイント

ほうれん草には、造血作用に役立つ鉄・葉酸・ビタミンB12などが多く含まれています。鉄には血液中のヘモグロビンの合成を促す働きがあり、葉酸には赤血球の合成を助ける働きがあるので、貧血の予防や改善に効果的です。また、鉄の吸収を助けるビタミンCや、カルシウムも豊富に含まれています。

サーモンには、アスタキサンチンという強力な抗酸化物質が含まれていて、ガンや老化の防止効果が期待できます。また、疲労回復に効果があるビタミンB群や、カルシウムの吸収を助け丈夫な歯や骨を作ってくれるビタミンDも多く含んでいます。

sekiguchikiyomi

文/関口清美

ペット食育協会認定上級指導士。調理師。伊豆高原にあるペット(犬)と泊まれる天然温泉宿「アップルシード」を経営。キジやハリネズミなどが玄関先に現れる大自然の中で、犬・猫・うさぎ・カメと暮らしている。宿泊するワンちゃん向けに手作りディナーやバースデーケーキ、おやつなどのメニュー開発を日々考案している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p57.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】ホタテ貝とアサリのスープ (3.24)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】しらすとえびの天津飯 (3.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】セリと鶏肉のサラダ (3.18)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】菜の花のコロッケ♪ (3.14)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】ひじきの豆乳宝巾着 (3.12)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】あさりとマグロの野菜あんかけ♪ (2.27)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】たっぷり食べても安心!ダイエットごはんの大根餅 (2.24)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】甘酒でぷるぷるプリン (2.21)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る