TOP>ペットのごはん > 【にゃんこの手作りごはん】さんまのたまご丼

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】さんまのたまご丼

PETomorrow(ペットゥモロー)】

須﨑恭彦監修にゃんこの手作りごはん

さんまのたまご丼

01_257

さんまの栄養素を丸ごと摂取!
材料は細かく刻んで卵でとじたのでシニアの猫ちゃんでも食べやすいと思います。さんまの栄養素を丸ごと摂取できるように、さんまを加熱した時にでるスープもぜひ利用して下さい。

※このレシピシリーズは、わんちゃん、猫ちゃんでも安心して食べられる食材や薄味、やさしい温度などを前提に考案しています。当然、味付けを人好みに変えれば、飼い主さんだっておいしくいただけます。

材料(体重4キロの子の1食分)

01_258

さんま 40g
にんじん 10g
まいたけ 10g
ブロッコリー 5g
卵 2分の1個
炊いたごはん 15g
水 50cc

作り方

 

1.さんまは電子レンジで加熱して身をほぐし、加熱した時に出たスープはとっておく。

2.ブロッコリーは茹でて、細かく切る。

01_259
3.鍋に水と1で出たスープを入れ、にんじんとまいたけを茹でる。(画像01_258)

01_260

01_261

01_262
4.3の鍋に、といた卵を入れて、半熟になったら1のさんまと2を加えて、さっと混ぜて火を止める。

5.器にごはんを盛って、4をかけて出来上がり♪

ポイント

さんまには、不飽和脂肪酸のEPAとDHAが豊富に含まれています。これらには、脳の神経細胞を活性化したり、血液をサラサラにして、善玉コレステロールを増やす効果が期待できます。また、造血作用や血行促進に重要な役割を果たすビタミンB12も多く含まれていますので、貧血の子におすすめの食材です。

きのこ類には、βーグルカンが豊富に含まれていて、免疫力のアップに役立つといわれています。特にまいたけは、その含有量が多いことで知られています。

にんじんには、βーカロテンがとても多く含まれています。βーカロテンには、細胞の老化を防ぐ働きがあり、油と一緒に摂ると吸収率が上がると言われています。

 

sekiguchikiyomi

文/関口清美

ペット食育協会認定上級指導士。調理師。伊豆高原にあるペット(犬)と泊まれる天然温泉宿「アップルシード」を経営。キジやハリネズミなどが玄関先に現れる大自然の中で、犬・猫・うさぎ・カメと暮らしている。宿泊するワンちゃん向けに手作りディナーやバースデーケーキ、おやつなどのメニュー開発を日々考案している。
◆ペット食育協会
http://apna.jp/instructor/p57.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豚肉とりんご、さつまいものクリームチーズ和え (10.20)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】餃子の皮でパンプキンミートパイ (10.16)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】にんじんたっぷりのロール小松菜 (10.11)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】さつまいもと鮭の秋サラダ (10.9)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】冬瓜の鶏団子スープ (10.8)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鰯のオリーブオイル炒め (9.28)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】鶏そぼろ肉じゃが (9.26)

  • レシピ-ペットのご飯

【にゃんこの手作りごはん】豚肉と枝豆の素麺 (9.24)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る