TOP>連載 > 【BE-PAL編集長の多頭飼いは楽しい!】犬の五つ子(前編)

  • 連載

【BE-PAL編集長の多頭飼いは楽しい!】犬の五つ子(前編)

犬の五つ子(前編)

001
左から長男、五男、三男、四男、次男。段ボールバリケード装着完了。リビングの半分は子犬達に占拠された。

わが家で5頭の子犬が産まれて一番ビックリしたのは、全部オスだったことだ。これは悩むなあ〜。メスはすでに2頭いるので、私としては、ぜひ次はオスを飼ってみたかったのだ。

オスは「しつけ」もたいへんだし、メスの発情期に隔離しなければならない。身体も大きく力も強い。そもそも3頭引きで散歩が出来るんだろうか。オスの方がいろいろ面倒なことが多いのは自明の理だった。

しかーし! それでも私はオスが欲しかった。

それと言うのも、わが家の人間家族は私と家内と娘なので、オスは私だけなのさ。家庭内オス比率を上げるためにもどうしても「犬の息子」が欲しかったのだ。オスも1、2頭は入ってないかなあとお腹を撫でていたところへ、嬉しい誤算の5択である。

自宅出産のよいところは、本当に飼いたい犬を一本釣り「ドラフト1位」で指名出来ることだ。ほとんどのペットショップには1犬種1頭しかいない。ブリーダーから直接入手する場合は、同胎犬数頭から選べることも多いが、子犬の成長ぶりを毎日見ることはできない。

これから巣立ちまでの60日をかけて、わが家のぴったりのオス1頭を決めなくちゃならない。う〜ん、悩ましい。でも楽しい。

002
生後30日。産室だったケージは子犬の詰め合わせ状態に。

003
狭いぞー! 子犬はどんどん大きくなる。生後35日前後。ケージ第1号はそろそろ引退だ。

004
生後45日。ケージを拡大。離乳食も始まる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る