TOP>連載 > え! こんなビールがあるなんて【犬猫家族】

  • 連載

え! こんなビールがあるなんて【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.49

今年は桜の開花が早かったですね。それでもまだ桜が残っていた4月1日のことでした。センパイとご近所を桜パロールして帰宅すると、こんなお知らせが届いていたのです「世界初 猫の肉球味のビールが誕生!」

「え!」と驚き、確認してみると「愛猫家の間では有名ですが、猫の肉球はポップコーンのような甘く香ばしい香りがします。それを再現したビールを作りました」とあります。「見て愛でて、匂いを嗅ぐことしかできなかった肉球を味わえるようになりました」とも。

まさかねー。あるわけないじゃん。それに正直なところ、あまりおいしいとも思えないなぁ……。というか、 あ~! 今日はエイプリルフール。ははぁ、そうきたか。「だまされないよー」心にロックして、頭をぐるぐるさせながら資料を読み進めていくと、文末に「クラフトビールのおもしろさを知ってもらおうと、エイプリルフール限定で冗談のようなビールを本気で作り、24時間限定で“本当に”販売しています」。醸造元は、神奈川県厚木市にあるサンクトガーレン。案内では“ニャンクトガーレン”と社名まで変えている念の入れよう。「本当だったんだ!」、連絡して送っていただくことにしました。

 早速届き、見てみると「あら、かわいい!」ラベルにあるピンクの肉球。我が家のコウハイも肉球がピンクなので、それだけでジャッジが甘くなるというか……。猫の中には、黒豆やあずきのような肉球をした子がいますよね、豆派もかわいいけれど、私は日頃見慣れたピンクの肉球に、つい反応してしまいます。

「“猫の肉球は香ばしい匂いがする”と聞いて、ほんとかな? と思ったんです。それで醸造所にもやってくる野良猫がいるので、ちょっと嗅がせてもらったり。ねこカフェにも行って肉球を嗅いでみたり……。何匹か嗅いでみたのですが、確かに、べっこう飴とかカラメルとか炒り豆とかの、ほんのり甘くてちょっと焦したような匂いがしたんです。そこで、この香りを味にできないかと思ったのがきっかけです」と、サンクトガーレン•広報の中川美希さん。

ビールの原料となる麦芽はネズミの好物。そのネズミ対策のために猫を飼っているブルワリーも多く、「ブルワリーキャット」として人気(SNSでは#brewerycat で)。サンクトガーレンの敷地にも遊びに来る顔なじみの猫がいるそうで、中川さんは、どちらかというと犬より猫になじみがあった、というのも肉球ビールを作る理由のひとつ。

で。早速試してみました。おぉ、琥珀色なので深い味わいなのかと思いきや意外にさわやかな飲み口。確かに焦したような香ばしさあり、ふわんわりとポップコーンのような味わいが舌に残ります。これはおいしい! 休日の昼、お花見するときなどにぴったり。心地よく、やさしい気持ちになれるビールです。

先出の中川さんは「実際に、現場にポップコーンマシーンを入れ、ポップコーンを作り、ビールに入れて仕込んでいるんです。その作業のとき、猫を飼っている醸造所のスタッフが“うちの匂いと同じ~”と言っていました。肉球の匂いがしっかりと再現されてるのだと思います」。

↑こちら社長の岩本さん。匂いを研究中。

確かに、コウハイにも嗅がせてみたら、興味深げにずっとクンクンしていました。「にゃんだか知っている匂い~」と思ったのかな。いつもならフン!とそっぽを向いてしまうのに(これまでビールに一度も興味を示したことのないコウハイです)。ちなみに、センパイにも肉球ビールの匂いを嗅がせてみましたが、もう「飲ませてください~!」という勢いで鼻をくっつけていました。やっぱり知っている香りなのかも。

犬と猫は飲んではいませんが、香りだけ味わったということで、犬と猫と人が楽しいめたビールでした。ちなみに、このビールは4月1日24時間限定での発売でした。この醸造所は毎年エイプリルフールに嘘のような本当のビール(しかもちゃんとおいしい)を発売することで知られ、ビール愛好家の間では季節の風物詩として注目を集めています。

 来年は「犬のおでこの味わいのビール」とかどうでしょう。ちなみにコウハイの肉球は浅炒り塩味ポップコーン、センパイの肉球は深炒りポップコーンにクミンをふりかけたような香りでした(当社比)。

サンクトガーレン
https://www.sanktgallenbrewery.com

(Text&Photo :  Yukiko Ishiguro)

石黒由紀子(いしぐろ・ゆきこ)

エッセイスト。栃木県生まれ。日々の中にある小さなしあわせを綴るほか、女性誌や愛犬誌、webに犬と猫との暮らし、グッズや本のリコメンドを執筆。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし~』(文藝春秋)、『なにせ好きなものですから』(学研)、『さんぽ、しあわせ』(マイナビ)など。『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』『犬猫姉弟センパイとコウハイ』『しあわせ4コマ豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(ともに幻冬舎)は、幅広い支持を受けロングテールで人気。近著は『猫は、うれしかったことしか覚えていない』(幻冬舎)

◆石黒由紀子HP
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/index.htm

◆石黒由紀子instagram
https://www.instagram.com/yukiko_ishiguro_/

◆石黒由紀子Twitter
https://twitter.com/yukikoishiguro

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編23)】 (8.23)

  • 連載

真夏の散歩。【まう助日記】 (8.15)

  • 連載

マツダ『アテンザワゴン』で行くリゾートホテルWan’s Resort山中湖 後編【わんこと... (8.6)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る