TOP>連載 > 沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】

  • 連載

沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.42

年末にいただいていたお知らせに心躍らせ、新年早々、原宿まで出かけました。ふと「明治神宮にお参りしようか」、脳裏をよぎりましたが「まだ混んでるかなー」と、次の機会に。「こんな私の甘いところ、神様はお見通しですね。すみません~」と自分にツッコミつつ、向かった先は「絵本が読める喫茶店シーモアグラス」。

拙著『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』などでイラストを描いてくださったイラストレーター沢田藍子さんの作品展にお伺いしました。今回のテーマは「柴犬狂言」。新春らしい賑々しさ、なにやらおもしろそうです。

もともと和なものに興味があり、20歳を過ぎた頃から着物の着付けなどを習っていた沢田さん。狂言に興味を持ったのも着物がきっかけだったとか。「着付けのおけいこで一緒になるみなさんと、はじめて狂言を観に行ったのが4年前です。そこでハマってしまいました。太郎冠者(お殿様や主人に使える使用人の役。いろいろな演目に登場します)は、たいてい格子の衣装を身につけていたり、狂言には、衣装で役を表現するところがあるんです。装束には決まりごとがあって、流派によっての違いもあり、そこがおもしろいなと思って」と沢田さん。

足袋が黄色だったり、大胆な色使いやデザインが目を引く狂言の衣装。伝統的なものなのに現代のファッションにも通じるようなモダンさがありますよね。

さて。私が気になっていた「狂言と犬を合わせたのは何か意味があるのですか?」の問いには、「もともと犬が好きなので、犬を描きたいとはずっと思っていたんです。“狂言”と“犬”、好きで描いてみたいなと思うものを、ふと合わせてみたら、“あ、これは意外にいいかも! ”と思いました。戌年の年頭にちょうどいいかな、と決めたのですが、実は、今年が戌年だったということは、すっかり忘れていて……」と、沢田さん。ほう、狂言師の顔が茶柴や黒柴……。面白みがあり、狂言の世界ぴったりですね。見る側がつい笑顔になってしまいます。

実は、もうずいぶん前のことですが、はじめて我が家のセンパイを描いてもらうことになったとき、私は沢田さんに「センパイに会わせていただけませんか」と言われたのです。「写真を見ならが描くのではなく、自分の目で見て、できれば触って感触や被毛の質感を確かめてから描きたい」とのことで、近くの公園で待ち合わせをしたことがありました。そのときの作品はポストカードとなって残っていますが、センパイの柔かな毛質、鳩胸(犬なのに)でむちっとした(ちょっと太めな)身体の質感、それにセンパイのどちらかというと内向的な雰囲気が伝わってきて、とても感動しました。

今回も柴犬の被毛の雰囲気がとてもよく再現されていて驚きました。顔の毛流もじっくり観察して1本1本を丹念に描かれたのだと感じました。お知らせのDMをいただいたとき「絵ではなくて刺繍?」と思ってしまうほどの精密さ。

「狂言は、板に松が描かれているだけのシンプルな舞台なので、作品も板に、そして、あまり描き込むことはせずに、シンプルに仕上げました」。確かに、そのほうが、犬のかわいらしさが引き立つし、日本的な静謐な印象になるような気がします。

 この「柴犬狂言」ぜひ、シリーズ化してほしいなぁ、と思いました。もっともっと拝見したい。それを沢田さんに伝えると「ん~。そうですね。まだわからないけれど……、描けたらいいですね」。なんとも控え目なお答えですが、それが沢田さんらしさなんですね。

 今回の個展に合わせて、グッズも製作。ほんのひと言を添えるのにぴったりな一筆箋。柴犬張り子がちりばめられたタイプと2匹の柴犬がいるタイプ。どちらにしようかと迷い、決められずに両方購入。と、思ったら、2種の絵柄が各10枚ずつ入り、ひと袋20枚入りでした。年明けに戌年にふさわしいとても佳き作品を見て、かわいい買い物もできてほくほくです。

 来年のお正月にも、沢田藍子さんの「柴犬狂言」をぜひ拝見したいです。

この展覧会、好評につき期間が延長となりました。
1月16日の17時までとなります。
お問い合わせはシーモアグラスへ

(Text&Photo :  Yukiko Ishiguro)

石黒由紀子(いしぐろ・ゆきこ)

エッセイスト。栃木県生まれ。日々の中にある小さなしあわせを綴るほか、女性誌や愛犬誌、webに犬と猫との暮らし、グッズや本のリコメンドを執筆。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし~』(文藝春秋)、『なにせ好きなものですから』(学研)、『さんぽ、しあわせ』(マイナビ)など。『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』『犬猫姉弟センパイとコウハイ』『しあわせ4コマ豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(ともに幻冬舎)は、幅広い支持を受けロングテールで人気。近著は『猫は、うれしかったことしか覚えていない』(幻冬舎)

◆石黒由紀子HP
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/index.htm

◆石黒由紀子instagram
https://www.instagram.com/yukiko_ishiguro_/

◆石黒由紀子Twitter
https://twitter.com/yukikoishiguro

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 前編【わんこと行くクルマ旅】 (4.19)

  • 連載

雨の日散歩。【まう助日記】 (4.18)

  • 連載

桜の季節に思うこと【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編18)】 (4.18)

  • 連載

百面相。【まう助日記】 (4.10)

  • 連載

犬が桜の花びらを食べちゃった!危険性はあるの…? (4.6)

  • 連載

インターペットで「満腹ジャックの箸置き」のteam0040さんと出会えたよ【青山尚暉のわん... (4.6)

  • 連載

成長記録。【まう助日記】 (4.5)

  • 連載

インターペット2018「ホンダ」ブース【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (4.2)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る