TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」

f02

暑くて寝苦しい日が続きますね。今回は、今の時期に多い「熱中症」についてです。熱中症の患者さんの飼い主さんが良く言われるのが、「気をつけていたつもりだったのに・・・」と言う言葉です。最近では気温22℃、湿度が60%を超えると熱中症のリスクが高まるといわれています。気をつけていてもなってしまうことがある熱中症、原因と対策についてお話したいと思います。

犬は全身を毛で覆われている為に、基本的に暑さには弱く、寒さには強い動物です。猫はもともと砂漠地帯の動物なので、犬よりも暑さには強いと言われていますが・・・夏のニャンコは伸びていますよね。あれは表面積を増やして、冷たい地面と接することで体を冷やしているのです。暑さに強いといえどもやっぱり暑いのには変わりありません。

暑いと人間は汗をかくことによって体温を下げます。犬や猫は人と同じようなサラサラの汗をかくのは足の裏や、鼻先の一部だけなんです。ではどうやって体温を下げているかと言うと、パンティング(あえぎ呼吸) と呼ばれる口を開けてハァハァする呼吸によって唾液を蒸散させる事で、気化熱を利用して体内の温度を下げています。体を舐める事でも体温を下げていますが、これも原理は気化熱です。

この気化熱が利用しにくい状態になると、なかなか体温が下げられないことになります。外気温が高い状態はもちろんですが、湿度が高くても唾液が蒸散しにくい状態になります。しかもパンティング行為自体が筋肉の収縮を伴う運動行為のため、体としては熱が産生されてしまいます。つまりパンティングは体温を上昇させながら体温を下げるという、あまり効率が良くない体温調節方法なんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • 連載

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ダイハツ ムーブキャンバス (2.14)

  • 連載

お散歩デート。【まう助日記】 (2.11)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る