TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」

f02

暑くて寝苦しい日が続きますね。今回は、今の時期に多い「熱中症」についてです。熱中症の患者さんの飼い主さんが良く言われるのが、「気をつけていたつもりだったのに・・・」と言う言葉です。最近では気温22℃、湿度が60%を超えると熱中症のリスクが高まるといわれています。気をつけていてもなってしまうことがある熱中症、原因と対策についてお話したいと思います。

犬は全身を毛で覆われている為に、基本的に暑さには弱く、寒さには強い動物です。猫はもともと砂漠地帯の動物なので、犬よりも暑さには強いと言われていますが・・・夏のニャンコは伸びていますよね。あれは表面積を増やして、冷たい地面と接することで体を冷やしているのです。暑さに強いといえどもやっぱり暑いのには変わりありません。

暑いと人間は汗をかくことによって体温を下げます。犬や猫は人と同じようなサラサラの汗をかくのは足の裏や、鼻先の一部だけなんです。ではどうやって体温を下げているかと言うと、パンティング(あえぎ呼吸) と呼ばれる口を開けてハァハァする呼吸によって唾液を蒸散させる事で、気化熱を利用して体内の温度を下げています。体を舐める事でも体温を下げていますが、これも原理は気化熱です。

この気化熱が利用しにくい状態になると、なかなか体温が下げられないことになります。外気温が高い状態はもちろんですが、湿度が高くても唾液が蒸散しにくい状態になります。しかもパンティング行為自体が筋肉の収縮を伴う運動行為のため、体としては熱が産生されてしまいます。つまりパンティングは体温を上昇させながら体温を下げるという、あまり効率が良くない体温調節方法なんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • 連載

【スマホでわんこ撮影術】綺麗な背景と一緒にわんこを撮るテクニック (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬の肉球ケアに最適♪ わんのはな『ミツロウクリーム』

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る