TOP>連載 > 【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について
  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について

医学領域では、多種多様ながんに対して臨床応用が進んでおり、その安全性のみならず、疼痛緩和においても大きな効果があることが報告されています。2011年には腎臓がんに対して保険適用されています(政府が安全で効果的な治療と認めたということです)。

医学領域における凍結治療の方法は、先端に針のついた冷凍手術器(プローブ)をがん組織内に挿入し、先端から炭酸ガスやアルゴンガスを送り込みます。その結果、直径約3cmのアイスボールが作製されます(がん組織が直径3cmで凍結するということです)。がん細胞は-20度で死滅し始め、-40度で壊死します。すなわちアイスボールが作製された部位は壊死をすることになります。

一方、獣医領域では表在性の腫瘍に対して液体窒素が使用されているに過ぎません。鳥取大学動物医療センターでは、数年前よりアルゴンガスを使用した凍結治療を深部がんならびに手術不適応のがんに適用しています。今回、その1例を紹介します。

症例:犬、プードル、雌、14歳、7kg。胸部に直径約9cmの胸腺腫があり、他院にて治療法がないため余命1ヶ月と診断され、本院に紹介来院されました。図4は初診時の胸部X線像です。がんのため、心臓が後方におされていることがわかります。

この症例は、当初ラジオ波を用いた温熱療法を実施し、がんはやや縮小しましたが、治療間隔を延長していきますと再度がんは増大してきました。飼い主との話し合いにより、凍結治療を実施することになりました。図5は全身麻酔下で凍結処置を実施している外観です。3本のプローブをCTガイド下でがん組織内に設置し、10分凍結-5分融解-10分凍結を実施しました。

スクリーンショット 2016-07-25 22.19.41
図4.初診時の胸部X線像。赤線で囲っている部位ががん

スクリーンショット 2016-07-25 22.19.55

スクリーンショット 2016-07-25 22.20.01
図5.凍結処置を実施している外観

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ホンダ・ヴェゼルで行く大人の隠れ家 DOG LOVER’S VILLA Leaf 中編【わ... (5.24)

  • 連載

ホンダ・ヴェゼルで行く大人の隠れ家 DOG LOVER’S VILLA Leaf 前編【わ... (5.23)

  • 連載

撮影会。【まう助日記】 (5.22)

  • 連載

地平線の向こうから明るい光がやってくる気配【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編19)】 (5.22)

  • 連載

『DOG FRIENDLY FESTA』で大盛況!わんこ服のトレンド&コーディネート術【わ... (5.17)

  • 連載

続・たいちゃんがやってきた!【犬猫家族】 (5.13)

  • 連載

豪華プレゼントが貰えちゃう?「まう助撮影会」の開催決定!【まう助日記】 (5.10)

  • 連載

「わんこ服のトレンド&コーディネート術」の イベント開催決定!【わんこと行くクル... (5.9)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る