TOP>連載 > 【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について
  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について

PETomorrow(ペットゥモロー)】

Dr.岡本のペットのがん治療最前線

-がんの治療(6)-

19b710b617319261063e4b167cb1cb99_s

 今回は、凍結療法について紹介します。《前回の記事を見る》

凍結療法とは

凍結療法とは呼んで字のごとく、がん細胞を凍結させて(凍らせて)壊死させる治療法です。よく雪山登山などで指先が凍傷により壊死してしまったという事故がありますが、原理はまったく同じです。がん細胞も身体の細胞ですから、低温にさらされると壊死します。

凍結療法の作用機序は、図1に示したように1.細胞外液の凍結、2.細胞内液の凍結、3.血管閉塞による組織の虚血の3つからなります。

スクリーンショット 2016-07-25 22.19.10
図1.凍結療法の作用機序

図2に凍結治療の歴史を示しました。凍結治療に対する画像モニタリングがない頃は、凍結治療は、表在のがんに対して液体窒素や炭酸ガスが使用されてきました。1980年頃よりMRIによるモニタリングが可能な凍結装置が開発されますと、体の深部に対しても凍結治療が実施されるようになりました。

1990年代にアルゴンガスを用いたJoule-Thomson効果(圧縮した気体を細孔から噴出させて急に膨張させると、気体の温度が急激に低下する現象)による急速な凍結と画像による凍結領域の視認が可能となり(図3)、手技の簡便化や確実性が向上し、凍結療法の安全性が改善されました。

スクリーンショット 2016-07-25 22.19.19
図2.凍結治療の歴史

スクリーンショット 2016-07-25 22.19.30
図3.MRI画像により凍結した部位が黒く描出される

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 前編【わんこと行くクルマ旅】 (4.19)

  • 連載

雨の日散歩。【まう助日記】 (4.18)

  • 連載

桜の季節に思うこと【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編18)】 (4.18)

  • 連載

百面相。【まう助日記】 (4.10)

  • 連載

犬が桜の花びらを食べちゃった!危険性はあるの…? (4.6)

  • 連載

インターペットで「満腹ジャックの箸置き」のteam0040さんと出会えたよ【青山尚暉のわん... (4.6)

  • 連載

成長記録。【まう助日記】 (4.5)

  • 連載

インターペット2018「ホンダ」ブース【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (4.2)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る