TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする

 

f01

おうちのワンコ、しきりにお尻を噛んだり、お腹を舐めたりしきりに気にしていませんか? 心当たりのある方は、ワンコが気にしている部分を注意深く見てみましょう!

赤み、ブツブツ、かさぶた、脱毛、環状にむける皮膚、そんな状態になってはいませんか? そんな時は皮膚が感染症を起こしてる疑いがあります。

私が診療をしている中で、皮膚のトラブルで来院される患者さんは年間を通して一定数おられますが、このムシムシする時期は特に患者さんが倍増するんです。
それはなぜでしょうか?

日本の夏は高温多湿なので、全身を毛で覆われているワンコは毛と皮膚の間で湿度が高まり、また熱も籠ります。そういった状況は細菌が繁殖しやすい皮膚環境となってしまいます。皮膚上で細菌が増加してしまうと、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいフケが増えたり、痒みがでたり皮膚病の一歩手前、黄色信号です。

ワンコは「痒い」「痛い」「なんか変だ」と感じると、その部分をペロペロガジガジ一所懸命に舐めたり噛んだり、または後ろ足を使って掻き崩したりしてしまいます。一所懸命になりすぎると今度は舐め過ぎ、掻き過ぎが原因で皮膚がただれてしまい、皮膚自体のバリア機能が低下して痒みが強くなってしまう。それが気になってまた舐めたり掻いたり……このような悪循環に入ってしまいます。

こうなると出血したり、傷ついた皮膚が感染を起こして膿んでしまい、皮膚病がどんどん悪化してしまうこともしばしばです。これは完全に赤信号ですね。中には、さらに悪化して傷口にウジが湧いてしまう場合もあります。想像するとゾッとしますが、毎年何頭かはそういうワンコが来院します。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】犬同士で舐め合うソーシャルグルーミングの役割 (9.24)

  • 連載

兄弟姉妹犬の運命を分ける人との出会い【保護犬と暮らす】 (9.24)

  • 連載

【いぬのはてな】犬を迎え入れる前に考えて欲しいこと (9.23)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・中編【わんこと行くクルマ旅】 (9.23)

  • 連載

【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って? (9.22)

  • 連載

世界一賢い犬種? ボーダコリー・小雪のいたずら事件簿 (9.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と一緒に寝ると睡眠の質が上がるって本当? (9.22)

  • 連載

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る