TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする

 

f01

おうちのワンコ、しきりにお尻を噛んだり、お腹を舐めたりしきりに気にしていませんか? 心当たりのある方は、ワンコが気にしている部分を注意深く見てみましょう!

赤み、ブツブツ、かさぶた、脱毛、環状にむける皮膚、そんな状態になってはいませんか? そんな時は皮膚が感染症を起こしてる疑いがあります。

私が診療をしている中で、皮膚のトラブルで来院される患者さんは年間を通して一定数おられますが、このムシムシする時期は特に患者さんが倍増するんです。
それはなぜでしょうか?

日本の夏は高温多湿なので、全身を毛で覆われているワンコは毛と皮膚の間で湿度が高まり、また熱も籠ります。そういった状況は細菌が繁殖しやすい皮膚環境となってしまいます。皮膚上で細菌が増加してしまうと、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいフケが増えたり、痒みがでたり皮膚病の一歩手前、黄色信号です。

ワンコは「痒い」「痛い」「なんか変だ」と感じると、その部分をペロペロガジガジ一所懸命に舐めたり噛んだり、または後ろ足を使って掻き崩したりしてしまいます。一所懸命になりすぎると今度は舐め過ぎ、掻き過ぎが原因で皮膚がただれてしまい、皮膚自体のバリア機能が低下して痒みが強くなってしまう。それが気になってまた舐めたり掻いたり……このような悪循環に入ってしまいます。

こうなると出血したり、傷ついた皮膚が感染を起こして膿んでしまい、皮膚病がどんどん悪化してしまうこともしばしばです。これは完全に赤信号ですね。中には、さらに悪化して傷口にウジが湧いてしまう場合もあります。想像するとゾッとしますが、毎年何頭かはそういうワンコが来院します。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • 連載

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ダイハツ ムーブキャンバス (2.14)

  • 連載

お散歩デート。【まう助日記】 (2.11)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る